早寝早起き満員電車   

四月、新学期スタートの問題点といえば、何はさておき「早寝早起き満員電車」でございます。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←春は朝の電車が混んでいる

春休み中、ぶったるみまくった生活リズム。ずるずる夜更かし、朝寝坊、あるいは昼に眠くなって昼寝したって問題なし、というね…あーもー、私だってそういうフリーダムな生活ができる定年後が今から楽しみです(^^)

それはともかく、早々から遅刻するわけにもいきませんので、間に合うように起きます。無理やり。そうすると夜は早めからなんとなく眠くはなるのですが、後ズレした生活習慣をなかなか立て直せず、遅くなってお風呂とかやってるうちに結局11時近く。

中学生が11時就寝でも別に何の不思議もないのですが、それで6時半に起きるとかいうワザは、受験中にだってできたことはなかったわけなので、やっぱり人は人、自分は自分、早く寝なくちゃ早く起きられないならそのように生活リズムを整えてほしいものです。

今なんて、宿題があるわけじゃなし、部活があるわけじゃなし、こんな週にわたわたしてるようじゃ今後どうなるんだかね~

ま、徐々に朝シフトしていただきましょう。

そして、電車通学。小学校とはがらりと変化するのがこの、通学時間です。はなひめなんてdoor to door一時間以内で着くんだからそんなに遠いほうじゃないけれど、それでもこれまでの生活とのギャップは激しい。学校の最寄り駅までは、日特のときに一人で行き慣れているけれど、今度は時間帯が違うので満員電車です。

はなひめは人混みがキライで、楽しい文化祭とか行ってもすぐ不機嫌になるタイプ(^^;; だから、電車どうだろうと思っていたけど、今のところ特に抵抗や緊張なく乗っているようです。混んでいるといっても、都心に向かう特急と違うから、ぎゅーぎゅーってほどではないからかな。乗る電車や車両にもよるんだけどね。

慣れるまではなんとなく気になるので、昨日今日と、時間を合わせて家を出てみました。途中までいっしょに行けます。はなひめが学校に少し余裕持って着くようにすると、その着席時間の40分後くらいに私が会社に到着するわけで、ずいぶん早く出たつもりがようやく定時ちょい前の到着ということに(^^;; そうすると、会社近くなるとちょうど通勤ラッシュのピーク、人が駅構内を歩くだけで大渋滞。ちなみにこれまでは定時をだいぶ過ぎて到着していたわけですが。ほんと遠いって嫌~

混んでいる電車で何もできずに過ごす時間ってものすごくもったいない。それが片道30分長かったら、一日一時間、一ヶ月で20時間以上です。

昨日の記事で、「似合う」学校ということを書きましたが、生き生きした毎日のためには、体力的にも疲れすぎてたらダメだし、時間的にも足りなすぎたらダメですよね。つまりは、長すぎる通学時間(しかも混んでる場合)は「似合う学校」の条件の中で、無視できないマイナス要因になるのです。

ちなみに私的には、はなひめの学校のロケーションは第一志望校としてぎりぎり圏内、勝手な理想をいえばもうちょっと近いほうがよかったなと。こじろうの学校くらい(40分?)までがいいなと思います。それだけで選ぶわけにはいかないですけどね。第二志望校はめちゃくちゃ近かったんですよ。はなひめが「私立に行くって感じがしないね」といったくらい(笑)

確かにそこだったら、近すぎてなんにも寄るところがないくらいだけど、近いに越したことはありません。私の中高生時代の通学は「一駅」でした。あれは恵まれた環境でしたね~たまたま家を買うタイミングだったとはいえ、わざわざ学校の近くに家を買ってくれたので、親には本当に感謝してます。今は、子どもたちの学校と親の職場のすべてに非常に近い場所というのはそもそも存在しないし、「やや」ましになる場所はたいがい高値だし、そもそも引っ越し自体がおっくうな荷物量で、動きがとれません。ま、がんばって通ってください。

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2013-04-11 12:44 | 中学受験

<< 「受験やめなさい」って禁句ですか? 学校が「似合う」ってどういうこと? >>