人気ブログランキング |

塾スケジュールが回せていないとき   

大手塾のカリキュラム、あるいは教材って、ほんとによくできてると思います。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←やり散らかすより、足元を固める。

必要なことをただ盛り込むのではなくて、どういう「らせん」で定着を図っていくのか、理解を深めていくのか、そしてその確認(テスト)をいつ入れて、どう復習していくのか。

考えに考えて、これまでの経験をつぎこんで、各塾がベストを尽くして組んでいると思います。

だから、授業の復習、計算や漢字などのドリル的なもの、テスト直しなど、塾が想定しているような家庭学習ができていれば、「自然と」中学受験に必要なことが身につくようになっています。

けど、結局のところ、これが問題ですよね。「できていれば」。それがなかなかできないの。
(1) 勉強にかける時間が少ない場合 ←習い事してるとかロングスリーパーだとかゲーマー(^^;; だとか
(2) 勉強がゆっくりで、処理ペースが遅い場合 ←はなひめとかはなひめとか

はい、両方に当てはまっていたはなひめは、たいへんだったわけですよ。そりゃそうだ。

そして想定されているスケジュールが回せてないときにどうなるかっていうと、なんか成績がだんだん下がっていく。あるいは、どこかで(学年の変わり目とか危険)ガタッと。

そういう場合の考え方ですが、まぁ、
(1) の解決。勉強時間を増やす。…考え方はシンプルですが、できますか? できないでしょう、やっぱり。子どもが納得しなければ。睡眠時間を削るとかは最もNGですが(勉強効率が下がるだけでお買い損)、習い事をやめるとかゲームをやめるとかだって、無理やりやめさせてその分勉強時間が(有効なあり方で)増えるかどうかは、お子さん次第ですね。
(2) の解決。スピードアップは、そのまま成績アップでもあるので、たいへん望ましいことではありますが、やれっちゅうてスピードアップするもんじゃなし、あくまで、きちんと勉強していく中で上がっていくかなというところ。スピードアップすることによってちゃんと勉強が間に合うようにしようとか、それって、空中で靴を履こうとしてるようなもんだわね。

ということでどうするかというとやっぱり、いつもここから:
勉強の「軸」をしっかりさせて、とにかく日々前進できるようにする。

絶対やること、ココはゆずれないという毎日モノを設ける。それだけは、親が毎日確認する。
・計算と一行題
・漢字と語句
分量は絞りに絞って、「ちょんびり」でもいいの。とにかく、毎日15分でも時間枠を確保して、やる。

これは絶対だらだらやってはイケマセン。時間を計るとか、もう学校に行かなきゃ!!(つまり、朝やるとか)というプレッシャーの元でやるとか(笑)とにかくその間だけは集中できる環境を作る。逆にいうと、集中できる程度に(子どもによって違うはず)短い時間にする。

そして、間違ったもの、時間がかかりすぎたものはチェックして、忘却曲線に対抗すべく再チャレンジをきっかり回す。すらすらいくまでやりつぶす。

これが勉強の背骨になります。ほかは時間のある範囲でやればいいことにして、「軸」は死守。

あとは「基本」から順に、時間が取れる分だけ、この「軸」に肉付けをしていきます。少量に絞ったテスト直し、栄冠への道の基本問題のみ、など。大事なことは、「勉強するときは集中し、すいすいすらすらになるまで繰り返して身に着ける」という、「軸」で通した基本フォームを大事にして付け加えていくこと。

まずは、確実に毎日、昨日より一歩進めるようにすること。この「軸」作りはけっこう実務上(^^;; やっかいですが、これこそ中学受験の醍醐味、親の出番です。つまり、親がそんなことをする必要がない子、というのはいるものだけど、必要がある子なのであれば、ここを手助けして成功に導くことが、価値あるプレゼントになるというわけです。

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2013-04-06 21:42 | 中学受験

<< 国語の過去問だけは早めに解いて... 大手塾での困りごと(算数) >>