人気ブログランキング |

大手塾での困りごと(算数)   

日能研という塾のシステム(と状況)にピタリとハマったこじろうに比較すると、はなひめはピタリ感がなかったんだけれど…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←求めるレベルがくっきり分かれる算数

主な問題は算数。幅広いMクラスで、他三教科のことを考えると、それより下のクラスというチョイスはあまりなさそうで、でも算数が難しすぎる。それは、はなひめがクラス平均より算数が苦手だからではなくて、クラスのトップグループに合わせて授業が行われているから。

開成あたりに行く子なら当然クリアしなければいけない難問への道。その他の子には別に必要ない、というかもっと固めなければいけない足元がひろびろと広がっているわけなのですが…

塾的には、その、ひとにぎりのトップの行く末が非常に重要なわけでもあるし。必ずしも最大多数の最大幸福ってわけにはいかないよね。それはわかる。理解はできる。

こじろうのときみたいに、M1とM2に分けられれば話は早いのだけれど、そのレベルの人数が半減(ちかく)になってしまった以上、経営的にそれは無理。それもわかる。

クラスの幅が広いときに困るのって、やっぱりいちばん算数じゃないかと思うんだよね。こじろうの国語の実力が、クラス平均にぜんぜん届いてなくたって、別に授業で困るわけじゃないし。

子どもの受験で突っ走っている間は、これは単に我が家の問題だったんだけれど、ご相談承りやら宴会やらを通して、いろんなケースに遭遇するうちに、いややっぱりこれはけっこう頻発する問題らしいなと。

これを個人の力で解決しようとする場合は、まず
・授業は「観賞用」と割り切ってそのまま受けるか、さぼるか
の二択があり、さらにそのそれぞれに対して
・個別塾、家庭教師、親のいずれでフォローするか
というチョイスがある。

理屈からいえば、というか勉強効率からいえば、授業をさぼって、個別塾か家庭教師でフォローしてもらうのがよさそうだけど、経済効率からいってあんまりにもどうなのよという話はある。

それだけではなくて、やはり算数だからこそ、集団塾のよさを生かしたいなぁという思いもあるじゃないですか。

集団塾のよさというのは、
・講師がよく
・周囲からの刺激がある
ということ。個別塾や家庭教師は、ごく少数の例外や、金に糸目をつけなかった場合を除けば、30人ひとクラスを教える講師より教える能力が低くなりがち。周囲からの刺激というのは、たとえば別解を思いつく子がいるとか、周りがどのくらいの速さで解いているか感じられる、とか、わかりやすいノートを取ってる子がいる、とか。

もろもろ考えると、塾授業を削ってユリウスにつっこむというほどの踏ん切りはつかなかった。つかない人が大半じゃないかと思うけど。

結局、我が家でとった方法というのは、「ちょこっと」さぼらせる。常習的に欠席するわけじゃないんだけど、なんかかんか休む。そして、ユリウスも六年前半利用したけれど、さらに立て込んでくる六年後半はユリウスをやめて親がフォローするという、どこからどう見ても「半端」な方法だった。

すっきりした解決はいまだに思いつかない。

もし、幅広いクラスのまま、算数だけは2レベルに分けて授業するなんて芸当(英断)ができたらたくさんの子が助かると思うけれど。そしてそれは塾の大きな付加価値になると思うけれど。そういうわけにはいかないものですかね??

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2013-04-05 12:31 | 中学受験

<< 塾スケジュールが回せていないとき ケアレスミスとの付き合い方 >>