人気ブログランキング |

第一首: 田子の浦にうち出でてみれば(動詞)   

田子の浦にうち出でてみれば白妙の
  富士のたかねに雪は降りつつ

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ←好きな歌からどんどんいきます

海のそばから富士山を見上げたときの、鮮やかな白が浮かぶ美しい歌ですね。この歌で、動詞の活用について確認してみましょう。

動詞にあたる部分を抜き出してください。

* * * (←続きを見ないで考えるといいよ、のサイン)

動詞というと、現代語でいえば「歩く」とかそういう語ですね。ここでは「うち出で」「みれ」「降り」の三つです。この三つは、活用のパターンがそれぞれ違うんですよ。それぞれ「下二段活用」「上一段活用」「四段活用」といいます。「四段活用」は最もポピュラーな活用です。現代語では五段活用というのがありますね。

降ら(ない) 降り(ます) 降る(。) 降る(とき) 降れ(ば) 降れ(。)
未然 連用 終止 連体 仮定 命令

古典の「降る」は四段活用になります。

降ら(ず) 降り(たり) 降る(。) 降る(とき) 降れ(ども) 降れ(。)
未然 連用 終止 連体 已然 命令

違うところは、「仮定(起こっていないこと)」に対して「已(すでに)然(ある)」という形があることです。違うのはそこだけ…

あ、あと、もう一点あります。現代語の活用では、未然形に「降ろ(う)」(←意味上、ふつうないけど)というのがあって、「らりるれろ」つまり「あ段」から「お段」まで五段揃ってます。古文だと「お段」がなくて四段活用なんですね。

「うち出で」は「で」「づ」の(下のほう)二段しか使わないから下二段活用
うち出で(ず) うち出で(たり) うち出づ(。) うち出づる(とき) うち出づれ(ども) うち出でよ(。)
「うち」は調子を整える働きをするもので、意味はあまりありません。訳読のときには、省略可です。

活用を確かめるときには、この、括弧内もいっしょに読んでみるとわかりやすいです。そんなに暗記を気張らなくても、「えーと、『ず』につくには…」「うち出でず、か」とわかるようになればOKです。

要するに、「○○形」のどれになるかは、その続き(接続)によって決まるのです。この歌でいうと、
「うち出でて」と「て(接続助詞)」につながるから連用形。現代語でも、「朝起きて、歯を磨いて…」と、「て」につながるときには連用形ですからおんなじです。

「降りつつ」と「つつ(接続助詞)」につながるのも連用形ですね。これまた現代語と同じです。ここで「つつ」は継続を表します。降り続いているのです。

現代語と同じものは「あっそう」で、する~りと終わらせてかまいません。気をつけるのは、現代語と違うところ。「みれば」です。「みれば」って現代語でもいいますが、意味が違います。なにしろ、現代語では「仮定形」ですが古文では「已然形」ですからね。活用パターンは上一段で現代語と同じなのですが…

み(ず) み(たり) みる(。) みる(とき) みれ(ども) みよ(。)

古文で「みれ(已然形)ば(接続助詞)」といったら、仮定ではなく確定条件の「ば」です。だから訳は「みると」になります。決して「みれば」って書いちゃダメだよ。ここ、テストに出ます(ほんとう)。

[訳読]
田子の浦に出て(遠くを)見ると真っ白い富士の高嶺に雪が降り続いている

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2013-03-26 07:34 | 中学生活

<< 第二首: 小倉山峯のもみぢ葉(... 開講!! 百人一首で学ぶ古典文法 >>