人気ブログランキング |

空気の教育、六年間   

中学・高校と学校に通って得たものを振り返ってみると…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←いちばん大事なことは文字に書かれていなかったり

まず、気の合う・ノリの合う友人たちに出会って、話をしたり本を読んだり、いろんな影響を受ける中で自分というものを確立していったこと。

中学三年のときの国語の授業で、百人一首を題材に古文の文法を習ったときに、文法というもののおもしろさに目覚めて、それが結局その後の飯の種の中核になったこと。

それまでほとんど馴染みのなかった、宗教の雰囲気にじんわりと曝露されているうちに、適度の免疫を得たこと(^^;;

自分の頭で考えて、発言・行動・選択すること。世間がどう言ったかではなく、自分がどうしたいかにまっすぐ向き合うこと。

などなど。結局のところ、自分が子どもから大人になる途中の、芯の部分を形成する時期にどっぷりと浸っているわけだから、その影響の大きさは計り知れません。でも、どんな授業をしたかということは(少数の例外を除いて)ほとんど記憶にないし、わりとどうでもいいことのように感じます。

今の「まじめな」私学であれば、六年間のシラバスというものを作っているところも多いです。もちろん、先生個人のきまぐれに左右されず、学校にいる六年間を生かして、教科内容をきちんと教えていこうという姿勢は正しいでしょう。授業がいい加減なのより、まともなほうがいいに決まっているので、教育内容を明確化しておくのはよいことだと思います。

ただ、たとえばその学校のシラバスを見て、あるいは入り口偏差値と大学合格実績を見て、それでその学校が提供するサービス内容を理解したような気になり、それがどのくらい「お得」かを判断し、「購入」するかどうかを検討しようとしたら、ずいぶん見当ハズレなことになります。

それは、学校で受ける教育の価値のほとんどが、その教育課程が終わったときに初めて明らかになるからです。入ったときの私と、出たときの私は違う。その違いが、教育なのだし、それはその学校の空気に支えられているものなのです。もっといえば、その空気をどう呼吸して、暮らして、自分のものとして取り込みつつ、逆に周囲にも一人分の影響を与えていくのか、それはその人それぞれまったく違うのであって、ある学校の教育効果は、どんな意味でも一律なものにはなりません。

学校に対して、商品を購入する消費者のような気持ちでいたら、一番大切なものはこぼれ落ちていってしまうでしょう。

学校を選ぶときには、数学の教科書に何を使っているとか、そういうことだけではなくて、いや、そういうことよりも、その学校の空気が、自分のお子さんが呼吸するのに適しているかどうかを感じてください。英語の教科書が、プログレスなのか、バードランドなのか、そんなことより、それを決めたり運用している先生方がどんな想いで課程を組み立て、どんな雰囲気を醸し出しているかのほうが重要です。また、その空気を吸った生徒さん方が、自分の周りにどんな空気を形成しているか…

そういうことを、自分のこれまでの人生経験を賭けて全力で感じ取り、六年後、数十年後のお子さんを心に描きながら、どのくらい希望が持てるか、どのくらい違和感がないかを考えてみてください。偏差値はどうでもいいということではないですが、単なる目安です。同じくらいの偏差値でも、空気がまるで違う学校はいくらでもあります。お子さんにどこが似合うかです。

明確に「似合わない」という学校はどうしてもありますが、「似合う」はそんなに狭く考える必要はありません。そもそも、入ってみなければわからない部分も多いと思います。可能な限り「似合う」学校を選ぶということです。入学したあとは、お子さん自身もその学校の空気の一部を作っていくわけですから、気持ちがきちんと学校に向いていさえすれば、ある程度「温度差」があっても自分の周りには居心地のよい空間を作っていけると思います。

そういう意味では、お子さんがその学校への入学をどのくらい喜んでいるか、納得しているかが、その学校から受け取る教育の価値を大きく左右します。私が「熱望の無理でない第一志望校+お気に入りかつ安全の第二志望校」の組み合わせにこだわるのはそういう趣旨も含まれています。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2013-03-07 12:50 | 中学受験

<< 算数、基本問題と過去問のギャップは? 算数偏差値70への道も60への道も >>