人気ブログランキング |

算数偏差値70への道も60への道も   

「御三家への道 ~トンビの道とタカの道~」というブログの「算数偏差値70超えまでの道 ~4年生~補足・・・一行問題について熱く語ります」を読みました。子どもの到達地点は違ってもアツク語る内容は同じですね(^^)

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←算数が苦手でも、逃げず、無理せず進めばいいこともあるさ

一行題では、その時に習っている単元に関わらず、幅広い基本問題が出されます。とにかくこれを、何が来ようがさっと解けるようにしておくというのがとても大事なことです。

はなひめの受験のとき、難問からの撤退宣言は早くも五年生の五月ごろに出してしまいましたが(笑)、算数にかける時間を減らしたわけではありません。難問は解かないけれど、毎日まいにち一行題をやって、一行題に関しては、解きなおしをしっかりする。解き方がわからなかった問題はもちろん、「うっかり」間違えた問題も、それから、できたけれどなんか時間がかかっていたとか、本人が面倒くさがっていた問題は後日解きなおす価値アリです。

栄冠への道(そのとき習っている単元の復習)でももちろん、「基本問題すらすら」を重視して、後半の問題研究をすっとばしてでも基本問題の怪しいところに戻るのですが、なにしろはなひめの場合は何をやるにもゆっくりで、勉強時間もあまり長くないですから(ロングスリーパー)、たいしてできません。こちらは完璧には程遠かったと思いますが…一行題に関してだけは、妥協なしで。

えーとそれで、勉強の方針は同じであっても、偏差値60と70の差はどこから生まれるかというと。

1にも2にも、スピードです。ここでいうスピードは、解き方が定着していく速さのことでもあり、一問一問を解く速さのことでもあります。

冒頭でご紹介した記事に、「一行問題を正確に答えられるようになったら、スピードもついてきていると思います。」とあります。「一行問題を正確に答えられるようになったら」までにどれくらいかかるかというのが前者の速さであり、「スピードもついてきていると思います。」は後者の速さですね。はなひめは、そのどちらも、まったりゆったりペースです。

解くスピードだって、まぁ本人比ではアップしていることに間違いはありませんが、要するにテストのときには間に合わないです…よそ様より遅いってことです。ふだんの練習でも、本人が時間を気にして解くこと、制限時間をつけること、スピードの改善に本人が注力することが重要ですが、性格的なものか能力的なものか、そこらへんが欠けていました。これを親が押し付けるとバトルになるどころかすべてが崩壊するのでできませんでした。

ですから、到達点がどこになるかはお子さんによって違います。そりゃもうしょうがないです(^^;; けど、ともかく道としては方向正しくまっしぐらです。

うちにもこじろうという人材がいます。こじろうの受験のときにはあんまり算数が印象に残ってないのですが、強いていえば、「計算と漢字」の「計算」は毎日ということで死守したこと、それの再チャレンジも怠りなくやったこと。図形が比較的苦手だったので、ある時期まとめて親子バトルをやったぐらいですかね。そのころは一行題もなかったし強化ツールもなかったし、さらっとシンプルひととおり栄冠への道をやってた(はず)てなくらいで、勉強量はずいぶん少なかったです。

でもこじろうは算数が得意で70近く出てたので、「これは計算きっちりやらせてる母のおかげ」とか私は思っていましたが、それは大いなる勘違いでして、計算きっちりやったくらいでそうなるなら苦労はしません(-_-;; こじろうのアドバンテージは、スピードと、それから集中力ですね。

さてさて、はなひめの場合は、難問を解くガッツもなければ、基本問題を解くスピードもないということで、これは70到達の資質が欠けているとしかいいようがないですけど、正答率が高い問題だけをキレイに落とさず取る方法で六年公開模試算数平均60到達をモノにしたわけです。

ごく稀に本人が本気集中高速モードに入ることがあって、六年公開模試算数の瞬間最大風速は「69」となっていますが(驚)、本命校入試でもそれに匹敵するパフォーマンスが出たみたいですし、難問捨てまくりーの一行題路線、侮れません。基本さえしっかりしてれば、あとは気合いが出たときにはジャンプできます(たぶん)。超難関校以外でしたら、まるっとお奨めです。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2013-03-06 12:50 | 中学受験

<< 空気の教育、六年間 おおきくなったら何になる♪ >>