人気ブログランキング |

最難関に合格する子は、自立タイプが多い、けど。   

昨日の話「塾の先生がいう、「自立させてください」をどう考える?」のつづきです。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←過ぎたるは及ばざるが如し

うちはずいぶん親が手を貸してしまったけれど、別にそれをしなければ自立により近づいたとも思えないし、そもそも中学受験の結果としてはずいぶん悪くなってしまっただろうという気がします。塾の先生がおっしゃることの真意、根拠はどこにあるのでしょうか。

まずひとつ考えられるのは、最難関に受かるような子のかなりの部分は、自律的・自立的に勉強をすることができる子であって、親があんまり余計な心配して手出し口出しするよりも、本人と塾に任せてゆったり構えて、それこそごはんや風呂やそういったことを整えてやることに専念するほうがよい結果が出るタイプであるということです。

つまり、
「自律・自立的に勉強できる素質のある子」→「親はなるべく手を出さずに見守る」→「最難関合格」
というパターンです。塾としてはまず、この流れはスムーズに確保したいでしょうから…

こじろうのときのクラストップだった男子は、わりとあとまでサッカーやってたり、親は「塾テキストを開いたこともない」という調子で開成と筑駒に受かりました。はなひめのときの女子トップ(たぶん桜蔭進学)は、短時間勉強派で、やることなすことすばらしくスピーディー。はなひめがテストで「あー、やばいぜんぜん時間ない!!」と焦るころ、その子は余裕で終わっちゃって鉛筆置いてつまんなそうにしてるとか(笑)、勉強時間が短くても、それで解ける問題量はあんまり少なくないんでしょうし、要領がよくて、頭に定着する率も違うんでしょうね。

イメージ的にはそんな子。校舎トップあたりだとまずそんな感じだと思います。でもそういう子がすごくたくさんいるかというと、どうですかねぇ…

贔屓目に見積もってもそんなに多いもんじゃないと思いませんか? いや、我が家サンプルで全体を推し量ろうっていうような不遜なことは考えてませんが、まぁ、聞いた範囲で。

先生も、そんなことはわかってると思うんですよ。

「自律・自立的に勉強できる素質のある子」→「親はなるべく手を出さずに見守る」→「最難関合格」
は真実であっても、
「親はなるべく手を出さずに見守る」→「自律・自立的に勉強できる素質のある子になる」→「最難関合格」
とはいえないですからね。そんな、相関関係と因果関係をごっちゃにしたような勘違いは、塾の先生だってしてるはずないと思います。

現に、私がこじろうの「漢字・語句サポート」に本気を入れ始めたのは、面談で室長先生に示唆されたのがきっかけです。それまで、またろうの世話で忙しくて(^^;; こじろうの漢字・語句が「流れちゃってる」のを放置していたところへ、室長先生はビシッと「まだ、やるべきことをやっているとはいえませんよね」と指摘したわけです。

そしてまた、秋も深まり、本人任せにしてると社会メモチェが「賽の河原」になっちゃうんで、家から塾から両はさみにして、追い詰めてやらしてしまえという相談(笑)も、室長先生との個人面談でなされたのです。

結局のところ、親が必要な介入をしたほうがよい結果になるということは、塾の先生だって百も承知でしょう。

ところが、「自立させてください」という言説は、最難関を目指す一握りに向かって語られているのではなく、どうやら経験上、全体に向かって語られています。先生方はおそらく、最上位の子たちがスムーズに最難関に入ることができるようにという趣旨でのみ「自立させてください」といっているのではないと思います。

どちらかというと、本当に極端に介入しすぎてしまう親のケースが頭にあって、それを避けたいと考えているのではないでしょうか。先生方も応対に苦心するような、そして何より子ども自身が追い詰められ、精神的に不安定になってしまうようなケース。

ということで次は、適切・不適切な介入の境界はどこにあるのかということを考えてみたいと思います。(つづく)

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2013-02-27 21:52 | 中学受験

<< 中学受験の健全性を損なわないこと。 塾の先生がいう、「自立させてく... >>