人気ブログランキング |

学校はストレスなのか息抜きなのか   

年明けくらいから、はなひめが「あ~プレッシャーだ…」なんてため息をついてることがときどきあって…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←とにかく無事に2/1を迎えたい

受験のことかと思ったら、そうではなくて学校ネタ(^^;; よりによって1/31に、大人の目から見ればぜんぜんどうでもよさそうなプチイベントなのですが、本人にとっては中心メンバーなので粗相のないようにしなければいけないというものがあるようです。

それで、その準備やら練習やらで時間を取られるだけでなく…
関係調整や先生のご機嫌伺いなどいろいろとストレスフルらしい。

しかも、今週休むなんてもってのほかということで(-_-;;

ほんとになんでこんなハメに。インフルエンザの波はひたひたと押し寄せていて、はなひめのクラスは今のところさほどでもないようですが、隣のクラスとだって空気はつながってますし、合同の授業もありますし、とにかく毎日ヒヤヒヤものです。

本人の休む決断さえつくなら、先生にお願い・交渉することについては、親がもう腹をくくってやりますよ。1/31にイベントがあろうがなんだろうが。

でもね。本人が「休まない」という決断をしてしまったんで、もうあとは祈るだけです。

一月の二校目が受かってなかったら、本人の決断をくつがえしてでも断固阻止したかもしれません。学校を休んでも後悔するし、休まなくて何かうつって(あるいは怪我をして)受験がぽしゃっても後悔するとすれば、その後悔のどちらがどのくらい大きいのか…本人の判断が甘いと思えば親が介入したって悪いことはないと思うんですけど。

一月の二校目で、母としては不満ありませんので。「通学が長い」というデメリットに関しては自分の人生観で考えてもらいます。

学校では、楽しいこともあり、ストレスなこともあり、いろいろなんでしょうけど、はなひめにとっては、自分の支えとなる日常なのかもしれないと思います。

たとえば、子どもが小さかったとき(つまり保育園の送迎をめぐってツナワタリしてたとき)、会社にいけば仕事であれこれあって、家に帰れば子育てであれこれあって、ぶっちゃけどっちを向いてもストレスの大波ざっぶーんだったんですけど、そうやってぜんぜん違う種類の困難が押し寄せてくるのがけっこう健康にいい(?)みたいで。

大変なことが、一種類だけだったら、それを一日考えて、ぐつぐつ煮つめて、押しつぶされてしまいそうなところ、複数あるともう、「ま、いいか」になってしまう。あるいは、互いに解決のヒントになったりすることもある。はなひめも、受験があって学校があることでバランスを取っているのかもしれませんね。

ということで、結局1/31まで(ってもう明日だよ!!)ふつうに登校します。

私は、入試に合わせて、勤続20年休暇を設定していたのですが、設定したのはずいぶん前のことだったので、「まぁ、前日くらいは休むかな?」と思って1/31からにしてしまいました。

明日は、母がわざわざ家にいるというのに、はなひめは学校に行ってしまうという…

ぽつーん(-_-)

もう、ぐれてピアノ弾いちゃうもんね。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2013-01-30 12:19 | 中学受験

<< 日能研、最後の授業と壮行会 歩みをとめないこと。 >>