人気ブログランキング |

よしぞうの強み   

大学受験のころ、私とよしぞうは知り合いではなかったので気づきもしなかったが、実は某私大の同じ学部同じ学科を受験していたことを後で知った。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←自分とまったく違うからひかれたんだと思う

それで、私は合格してよしぞうは落ちてたんだけど(^^;; 数・理はよしぞうのほうがずっとできるにしても、私大の問題はそんなに難しくないから私でも取れるし、一方、よしぞうの英語はひどいもんなのだから、この結果は当然っちゃ当然だ。

でも、結局のところ、第一志望に受かれば、第二志望以下に落ちても大勢に影響ないわけで…

よしぞうの受験は、中学受験のときも、大学受験のときも、「第一志望にだけ受かる」無駄ナシ受験。

しかも、第一志望だって、模試の判定とかは決して「鉄板」でもなんでもなく…だって地道な勉強が足りないからあちこち穴だらけ。英語とか古文とか。科目まるごと穴っ!!

そんな受験、私だったら心臓ばくばくでとても耐えられないわ。

でもよしぞうの強みは、「ここぞ」というときに気合で、120%のパフォーマンスを出すこと。本人曰く、アドレナリン分泌量をコントロールする(?)のだそうで、あれって、出なくっても出すぎても実力が出し切れないわけでしょう。私がピアノ発表会で手が震えたりこわばったりしちゃうのって、アドレナリンの出すぎ。あと、比べてもしょうがないけど、羽生が終局間近に手が震えるのが有名でした。羽生の手が震えたらもう助からないとか(あ、念のためいうけど、対局相手が助からないんです。羽生の手が震えるときはもう勝ちを読みきるときなのね)。あれも、アドレナリンのなせる技。

よしぞうによれば、「集中」と「緊張」は違うベクトルで、「リラックス」と「ダレてる」のも違うとかなんとか。それで、入試の場合なら、「リラックス」の後、しっかり「集中」するところがコツらしいんだけど、呼吸とか、自分なりの儀式とかを利用して、必要に応じてさっとできるように練習しておくわけ。よしぞうがはなひめにそれを伝授しようとして説明やデモンストレーションしているところを聞いていても、わかるようなわからないような、たぶんあれって、自分が素質を持っている分しか、レクチャーを受け取れないんじゃないかと思う。

よしぞうが教えてくれたノウハウを、こじろうはある程度生かしたように見えるけど、またろうには役に立ってないように見える。はなひめはわかっているのかいないのか??

とにかく、よしぞうがうまいと思うのは、子どもの気持ちを試験に向いた状態にしていくための、当日の言葉かけです。

こじろう受験のときは、2/1も2/2もつきそいはよしぞう。よしぞう本人が書いた、道中記は私にとってほんと感動モノで、「いやー、私がついていかなくって、よかった!!」と思いました。

先日の、「二校目」受験のときもね。この学校、私はすごく気に入っているんだけど、はなひめ本人は実際に見たことがないからいまいち乗り気じゃなくて、本気じゃない感が漂ってて、危ないと思っていたんです。「この学校に合格したい!!」という気持ちもいまいち薄く、さらに悪いことには「合格できる!!」という気持ちも薄くて、「なんか無理だと思う~」というような。

それを「こんな状況なんで、フォローよろしく!!」って、よしぞうに無茶ぶりして二人を送り出し、私は家でやきもきやきもき…

学校に向かう途中の様子は、その日の夜になって詳しく聞いたのですが、よしぞうはあまり学校そのものの良さを説明するようなことをせず(下手に押し付けると反発されるし)、ただ、気持ちが上向き、ポジティブになるような雑談、声かけで徐々にじっくり調子を上げることに重点を置いたそうです。そして、学校や、学校のある街についてプラスイメージを持つような情報をさりげなく混ぜる。最後に別れるときには、しっかり元気づけて送り出す。

帰ってきてからのはなひめの様子と、夜になってよしぞうから聞いた話を総合して、これは受かったらしいぞ、と思いました。それにしてもウマいよ、よしぞう。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2013-01-18 12:13 | 中学受験

<< メモチェの代わりに新鮮過去問(社会) 「合格可能性」が「合格」に変わる瞬間 >>