人気ブログランキング |

入試前日泥縄勉強やるなら、国語!?   

今日は休日なので、つきそいはよしぞうです。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←泥縄でも、やらないより、まし。

よしぞうだと何がいいかって、もう、なんといっても方向音痴じゃないことです。私ははなひめと二人で広島に行くとき、思いっきり逆の電車に乗って、新幹線に間に合わなくなりそうになったりした前科もあり、入試つきそいとしては危険人物なのです。

だから、時間どおり会場に着くまでがドッキドキで、着いちゃったらまぁあとは本人の問題ですから、ほーーーっとして整体にも行きたくなろうというものです(?)

今日は、まんじゅう蒸かしてあったかいお茶を水筒に詰めれば役目は果たしたってことで、らくちん。

まんじゅうは、「まんじゅう伝説」に傷をつけないまま2/1に持ち込むために、今朝はまんじゅう以外の朝ごはんにしたほうが「安全」では!? という話もちょこっと出ましたが、えいやと慣例に従うことにしました。駄目だったら、2/1の朝ごはんは、別の縁起かつぎにしましょう。

* * *

一校目が済むと二校目はすぐなので、あんまり「対策」を落ち着いて考えている時間もないのですが、前日に勉強してちょこっとでも上がるとしたら何だろう、と考えました。定期テストならズバリ暗記もの、それもなるべく上手にヤマ張って、ということになりますが、ヤマの張りようもありませんし、たとえばメモチェのどこかを数ページやったところでねぇ…そこが出るとは限らないし…

四教科全体を見渡せば、「課題」が社会の知識不足にあることは明らかです。でも、前日に何かやって当たるとも思えない。

算数は、問題構成とかざっとつかんでおくのはよいとして、それ以上…対策っていっても、ねぇ??

それで、実は前日対策が一番効くのは、国語の読解ではないかという結論に至りました。ふつう、いちばん「泥縄」が効かないとされる科目ですが。

でも、国語の読解っていうのは、学校ごとの癖が一番出るエリアで、だから泥縄でも対策するのは意味があるんじゃないかとも思うんです。特に、はなひめが苦手意識を持っている、「微妙な選択肢」。二択まではいくんだけど…どっちも正しいようにしか見えなかったり、どっちも間違っているようにしか見えなかったり、というアレです。

そこで昨日の午前中は、前にやった年度の過去問を使って、まずは本文を思い出すために音読…
音読なんて、なに悠長なことを前日に、とお思いでしょうが、読み飛ばし・勝手読みを防ぐ、心をこめて読むにはまず形からってことで、案外悪くないものです。

それから、はなひめが間違えた設問について、いっしょに考え直して、「なぜコレではなくてコレを選ばなくてはいけないのか」徹底討論していきました。決着がつかないと、赤本の解説さんにもご登場願うんですが、これがまた、あんまり説得力なかったりするんですよね~頼りになりません。

前に過去問をやって直しをしたときにも、もうちょっとあっさりとはいえ似たような手順を踏んだはずですが、やはり日を置いて二度目にやってみると違う発見、違うレベルの理解が生まれるものです。それと、なにしろお尻に火がついた状態(^^;; というのがよくて、はなひめの態度も協力的、建設的です。

ひととおり再検討が済むと、別の年度の過去問(解いたことないやつ)を時間計って取り組みます。

そしてマルつけしてみると!! おぉ~選択肢が前より当たるようになったねぇ~
(誰ですか、「統計的有意差はあったの?」とかいってる人!!)

誤答の作り方というか、どこに違いを埋め込むかっていうところには、各学校の癖が出ます。それと、読解で何を大事に考えているかということとか。一日、いや、ほんの二~三時間程度の勉強で国語の読解力が上がるとはいいませんが、「癖」にチューニングすることくらいならできるような気がするんです。

「気がする」でも十分です。「解けるような気がする」と思って試験に取り組んでもらえればそれで。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2013-01-13 07:17 | 中学受験

<< 大学がついているところにはしないの? 現実の合格のありがたみ >>