人気ブログランキング |

現実の合格のありがたみ   

コメント欄にすでに書きましたが、初入試では、めざしていた「特待」をいただくことができました(^^)/

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←明日はいよいよ準本命的二校目

特待に、「入学金無料」と「入学金+三年間学費無料」の2レベルがありましたが、学費無料が取れました。

一月校入試の組み立ては、こじろうのときとまったく同じ
[一校目] 合格自体は難しくない学校、特待めざしてがんばろう
[二校目] 第一志望校とあまり変わらない難易度の学校、ここを取れたら自信と安心!!
となっていますが、大きく違うことがひとつあります。

それは、[一校目]がぎりぎり通える場所にあるということです。こじろうのときの[一校目]は、地方の学校の東京受験で、寮はあるのですが、中学一年生からはやばやと子どもを手放す覚悟がない以上、現実には通えない学校でした。

昨日、発表を見たとき、
「たとえここから利き腕複雑骨折ですべての入試が受けられなくても」とにかく地元公立中学以外で行ける学校ができたこと、とてもうれしかったです。こじろう一校目のときにはなかったうれしさです。

本命校の前に別の学校を受けておく目的として、大きく分けて
・あらかじめ通える学校を押さえる
・本命校の合格可能性を高める
の二つがあるとして…

はなひめの通う校舎の場合は、その地理的な条件から、一月には通える学校がない、またはほとんどない人が多いです。だから、併願面談ではたいてい、「本命校の合格可能性を高める」のほうを主眼に置いたアドバイスがされます。はなひめが勧められた学校も、偏差値が第一志望校にもっと近い、しかし地理的にははるかに遠い、いくつかの学校でした。

[一校目]にそのような学校を選ぶと、練習にはなるかもしれませんが、はなひめにとっては「受かっても通えない学校」と思って真剣度は下がるでしょう。こじろうなら、通えない学校であってもテストとなれば、ましてや入試となれば燃えますから心配はいらないんですが、今回はキャラが違いますから。

それと、こじろうの場合、[二校目]に受かったから結果的にはよかったのですが、第一志望に偏差値の近い、気に入ってる学校というのはすなわち、落ちる可能性がある学校でもあります。もし[二校目]に落ちていたら、「通える学校がすでにある」という安心感、支えはなしで第一志望に臨むことになっていたわけです。

まぁ一般的にはそれはそれでかまわないし、それで失敗を成功につなげて第一志望校に受かる人もたくさんいますが、はなひめのキャラ的には、やはり「通える学校を確保している」と思えるほうが…つまり、すでに「現実的合格」という体験を積んでいたほうが、よい結果が出せるような気がしました。

それで、地理的条件を第一に考えて今回の選択になったのです。こじろうのときの[一校目]も、こじろうの持ち偏差値に比べてはるかに易しい学校で、ただ特待めざしてがんばれば、十分目安になると考えたわけで、話はまったくそのときと同じだと思いました。実際、最上位レベルの特待をとったこじろうは、勢いづきましたからね。

しかし、こうして受験を終えてみて、私が見落としていたポイントがあったことに気づきました。

こじろうの[一校目]と、はなひめの[一校目]、偏差値はたいして違いませんが、学校の性格というかポジションがかなり違います。こじろうのほうは「お試し受験」対象として定着している学校ですが、はなひめのほうは、ほんとうに通うつもりで受けに来る人の割合が多い学校です。

そのため何が違うかというと、成績上位者があまりいないせいか、問題のつくりもなんだか違うんです。特に理社では、すごく簡単なサービス問題と、満点は取らせないための妙にマニアックな問題(私が社会の解答を作るとき、日能研テキストにも載っていないものがけっこうあり苦心しました)が交錯しています。

そして算数はとても簡単でした。結果的に、はなひめはそれを勢いよく解いて調子づき、見直しという初体験(模試では時間が余ったことがないから…)もできたので、得るところは大いにあったと思いますが、この先に受ける学校とは感じが違うでしょう。

ま、そんなわけで、先生は「お勧め」しないんだな…ということは理解できましたが、ともかく。我が家にとっては、「通える学校ができた」ことのほうがずっと大きいので、よかったです。そして明日は、いよいよ「本命とほぼ同じ難易度」の二校目です。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2013-01-12 13:39 | 中学受験 | Comments(12)

Commented by くるみ at 2013-01-12 14:41 x
通える学校を確実に取って、明日の試験は本番に近い体験ができる。
良い感じで来てますね~。
明日の経験がまたはなちゃんの成長にプラスされるんですね。
応援してます!

ところで、合格を取ったあとのはなちゃんはどんな感じ?^^
いつもと変わらず?それとも俄然やる気になってる?^^;
Commented by レタス at 2013-01-12 15:23 x
こんにちは。
はなひめちゃん、特待合格おめでとうございます。
そうですね、まずは「あらかじめ通える学校」をおさえておけば、一発ガツンの
「本命校の合格可能性を高める」校へは安心して突撃できますからね。
後者は仮にダメでも2/1への集中力を高める効果があるわけですが、2/1以前に通
えるところがひとつもないとなると、やはり悲愴感と言いますか、本番での緊張
が予想外の方向に行きかねない可能性がありますからね。順調な滑り出しで何よ
りです。
明日も作戦どおり、うまく行くといいですね。
Commented at 2013-01-12 16:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by メゾフォルテ at 2013-01-12 20:05 x
昨日、控え室におられるとのことでしたので、こちらに来てみました。
はなひめちゃん、花丸の合格、おめでとうございます\(^-^)/
Commented by ぷくりん at 2013-01-12 22:56 x
はなひめちゃんの努力が実りましたね。おめでとうございます!
本命中の本命校の受験はまだ先かもしれませんが、「通える、通ってもよい学校」の合格はきっと心の支えになりますね。
Commented by きーちゃん at 2013-01-12 23:53 x
ホント、書かれている通りだと思います。
うちも、上の子はこじろうくんと同じ状況でした。上の子が違うのは、2/1の本番がガチガチになってしまって、ダメだったことです。
下の子も、確かに1月校、2/1共に電車の中ではものすごく緊張していましたが、ギリギリ通える1月校を持っていたことは、大きな安心になったと言っていました。
明日の1月準本命校もきっと大丈夫ですよ^^
頑張れ、はなちゃん!
Commented by an-dan-te at 2013-01-13 07:36
くるみさん、
俄然やる気になってる、と、いいんですがねぇ~
いつでもマイペースです。本人の一年前と比べると、じわーっとやる気になってるとか、そういう。

でも、とにもかくにも、これまでの「成績」というなんの頼りにもならないあやふやなものが、「合格」というものに形を変えた瞬間を体験したので、なにごとかはつかんだと思いますよ。
Commented by an-dan-te at 2013-01-13 07:38
レタスさん、
そうなんですけどねー、一校目と二校目のギャップがもう少し少ないとよかったんですが。地理的条件からいって、選びようがないところがあります。

ところで、はなひめが緊張で真っ白になっているところって、なかなか想像できないのですが、もし突然そういうことが起こると、それはけっこう怖いという説(室長説)があります。ちょっと気になるところです。
Commented by an-dan-te at 2013-01-13 07:41
***(2013-01-12 16:51)さん、
模試感覚で受けてる人が多いよりは、入りたくて受けてる人が多いほうがいいですよね。でも、あまり緊張感が漂ってなかったような気がするんだけど。10日だから??

緊張しないのはともかく、「友だち作った!!」ってすごいですね(^^)
Commented by an-dan-te at 2013-01-13 07:42
メゾフォルテさん、
わざわざお越しいただきありがとうございます(^^)
結果はともかく(!)もうすぐ終わることは確かですんで(浪人がないから…)、また遊んでね。
Commented by an-dan-te at 2013-01-13 07:43
ぷくりんさん、
ありがとうございます~
一歩一歩、上滑りせずに2月へつないでいきたいです。
Commented by an-dan-te at 2013-01-13 07:46
きーちゃんさん、
段取りしてもどうしても、やっぱり2/1の緊張感は独特ですよね。ガチガチになるのはしょうがないけど(発表会前と同じ)、ひとたびステージに立ったら、自分の演奏に集中できるように。と考えると、やはりそれまでの積み重ねとか、通える学校とかが自分を支えてくれるのでしょう。

<< 入試前日泥縄勉強やるなら、国語!? 花道・保護者控え室 >>