人気ブログランキング |

中学受験に向かう理由、人それぞれ。   

先日、ピアノのオフ会に行ったとき、ある人から、娘さん(小三)が中学受験塾に行きたいと言い出したという話を聞いた。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←学校が始まると…勉強する時間がないね(-_-;;

小三の今頃というと、首都圏中学受験業界的にはジャスト標準の始めごろであって、親の側が中学受験を切り出す場合ならちょうど今なのかなと思うけれど、その人の場合、お子さんのほうからの提案らしかったので、「何かきっかけとかあったの?」と聞いてみた。

すると「特に何もないんだけど、塾でやる勉強に興味があるみたい」だそうで、なんと彼女のだんな様もその昔、勉強したいといって中学受験塾に通い、ずいぶん熱心に勉強して成績も優秀で、でも受験はせず公立中に進学したんだって。だから「娘も父親に似たのかも」「通っているうちに、行きたい学校とか出てきたらほんとに受験をする可能性もある」とのこと。

ちょっとびっくりしたけど、考えてみれば、中学受験のメリットとして「この時期に、まとめて勉強しておくこと」というのがあるわけだから、どきどきハラハラ(心労)とか、受験料・私立中授業料などの余分なお金とか、そういうデメリットなしに「そこだけ取る」ってのもリーズナブルなのかも!?

まぁ自分のことを思い返しても、塾通いはほんとに楽しかった。学校と違って、勉強がおもしろかったから(学校のクラスとは別の、フレッシュな友人関係が快適だったというのもある)。私の場合はそれで結局、受験をして全落ちするという、デメリットを十分ひっかぶっての公立中進学だったのでダメージを引きずったけど、その部分さえなければね。

はなひめは、勉強をしたいという動機で中学受験を始めたわけではない。親のほうも、はなひめが中学受験と高校受験、どちらのほうがうまくやれそうなタイプか? と考えたとき、またろうやこじろうのときほど明快な答えが出なくてどっちつかずだったから(^^;; 本人に「またろうとこじろうの受験をよく観察して、どちらにしたいか考えなさい」といったのだった。

そのとき、はなひめが「中学受験がいい」と選んだのは、多分に「またろうの高校受験がめちゃくちゃ大変そうだった」という超個別的な事情に影響されたからのような気がするので、「これはフェアなチョイスだったのだろうか?」と気になったりもしたんだけど。

およそ、中学受験を選択する理由として
(1) 高校受験より、中学受験しておくほうが、進学に有利だと思ったから
(2) 中学受験というまとまりで勉強しておくのがよいと思ったから
(3) 私立中(あるいは中高)の環境がよいから
というのがあるとしたら、

はなひめに関しては、(1)は自信がなく、(2)と(3)がある程度ずつ、という感じでスタートした受験だった。

それが、こじろうが実際に私立中に通った三年間を公立中の生活と比べるにつけ…
あるいは、中学以降の学習の道筋というものを実感するにつけ…
そして、学校めぐりをして、ここと思って惚れ込む学校を見つけるに至り…

(2)と(3)が巨大に感じられるようになってきて、途中からはまったく迷わなくなった。(1)は、今でもわりとビミョー(^^;;

(1)も(3)もなくて、いきなり(2)という発想で来る人は少ないと思うけど。ほんと、人それぞれですねぇ。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2013-01-07 13:42 | 中学受験

<< 入試本番week第一弾!! 残り一ヶ月の勉強-国語編 >>