人気ブログランキング |

でっかく「一憂」!! ここからどうする!?   

「偏差値で一喜一憂するのも昨日で終わり」。その「昨日」でございますが…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←どかんと落とすクリスマス(-_-;;

どかーんと、「一憂」で幕を閉じました。ここまで、六年前半はなんとなく低調、後半にきてぐぐっと好調、という流れを軽々と飛び越えて、一気に最低記録更新。五年のときならお目にかかったことがある、という偏差値でした。

テスト当日、「エアコンの温風が顔に直撃する席で、ずーっと気になってまったく集中できなかった」といっていたので、そりゃあんまりよくないことは予想していたんですが、そんなことでこんなとこまで!?

中身を見てみましたが、四教科おしなべて悪く、
・問題読み違え
・(読み違えた結果)できる問題を解けないと思って飛ばす
・写し間違え
・計算間違え
・超遅い
などなど。ともかく「ずーっと気になってまったく集中できなかった」が文字通り、誇張でもなんでもないことはよくわかりました。

むーん(-_-;;

模試会場を選ぶとき、今回は特に行ってみたいところがなかったので、私は「もういつもの教室にしたら? 近くて便利だよ~」と薦めたのですが、本人が「慣れない会場に弱いから練習したほうがいいと思う」ときっぱりしてて、それであえて選んだ外部会場です。つまりは、ものすごくある意味当たりだった!?

正直、「模試でよかった」とも。

一月受験は「受かる体験」と「落ちる体験」の両方をするとよい、という話を聞いたこともありますが、
・初本番体験、合格自体は難しくない学校、特待狙ってがんばろう
・第一志望とあまり変わらない難易度の学校、ここを取れたら気が楽になる
の二校構成では、どちらも「落ちてみたい」とは思えないわけで(^^;;
じゃあ、今回のを「落ちた」体験として生かして「×○○」でまとめていただけないかしら、と。ま、言ったらどうというわけでもないけど、いちおう希望を述べてみる。

今回のテスト内容を見ると、まともでない状態になっちゃったときに、それでも取れる問題というのはすごくしっかり定着しているところであることがわかります。今後は、そういうのをじりじりと増やしていきたい…というのがひとつ。

それから、もっと大事なことは、「そういう状態にならない」ということ。当日、エアコンがどうだかもわからないし、周りに机がたがた鼻ぐしゅぐしゅの人がいないとも限らないし、こじろうのときなんてそばでいきなり吐いた子もいたんだよ。そういうときにいちいち、「だからずーっと集中できない」っていってるわけにいかないでしょ。

こういうのって、性格でもあるし練習でもある。性格はしょうがないけどともかくここから練習だ…というのがもうひとつ。

はなひめにはこの「両面作戦」について、「確実なところをじりじり増やしていけば、第二志望だったら、今回みたいな状態でも受かるようになるから大丈夫。だから心配しないでがんばって(←作戦その一)」「だけど、第一志望に受かるためには、ぎゅっと集中できるように練習しよう(←作戦その二)」と話しました。

作戦その一は母担当、作戦その二は父担当です。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-12-25 13:22 | 中学受験

<< いまさらですが地理基本知識確認 いまさらですが入試即応漢字の練習 >>