のびちゃんパパの本を読んで   

「のびちゃんパパ」のブログっていっても、今の人(?)は知らないかもしれないけれど、私にとっては、こじろうのときの「同期の桜」というか…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←やる気スイッチはいつ入るかわからない

同じ時期に、中学受験ブログを並べていて、私ものびちゃんパパのブログになんどかコメントつけたりしてました。のびちゃんちのほうは、六年の秋も深まったころから、親不在時に勉強をみてもらうため個別に行きだして、でも個別塾の対応がなかなかわけわかんなかったりして迷走し、そして受験に専念するためブログは休止。気を揉んでいたところ(いやこっちだってそれどころじゃないわけだが)、第一志望は残念だったものの、Y偏差値60前後のところに合格したとのことで、まずはよかった(^^)

ブログをリアルタイムで読んでいたので、本は買ってなかったんだけど、先日遅まきながら入手して、読みました。「こんなハズじゃなかった中学受験」

あらためて読み返して思ったことは、これはかなり疲れる受験だったということ。もちろん疲れない受験なんてないだろうけど、疲労度が増加する数々の要因があると感じました。

別に、のびちゃんの素質のことではないです。のびちゃんの地頭はなかなかよいと思うし、親不在時に自分から勉強しないのなんて当たり前だしね。

そうではなくて、
・塾へは片道一時間!
・サポート担当者(父)は中学受験経験がなく、しかも不在がち。
・クラス昇降めちゃくちゃはげしい(サピの中でも大規模校?)
というようなことが、どっとのしかかってきて、肉体的・精神的な疲労を溜めてしまったように見えます。

そして、この受験を支配している雰囲気というのは、もう一貫して
「やっと自分からやる気になってくれたと信じていたのに…裏切られた気になりました。」
というトーン。話し合って、やることの確認をして、帰ってきたら、できていないorz これは、疲れますね。

これについてはもう、なんというか…非常~に身につまされます(^^;;

それでも私が今現在、当時ののびちゃんパパほどくたびれていないとすればそれは、もともとそこまで子どもを信頼していないというか、そりゃやらないだろうなと思っていたから。過大な期待をしていなかったからです。

課題にコツコツ取り組むのを定着させたければ、まずは親がいるときに、「ひとりで」課題をやるところから練習です。不在時も、夜もう寝るくらいの時間になって初めて確認して、「やってない」ことが判明してもその日のリカバリーは不可能です。短い時間から、やはりこれも練習が必要です。親が手をかけてしまってもかまわないので、とにかく「課題をコツコツ」やった実績をつくり、それを続けます。実績が溜まったら、それにどういう「イイコト」があるかもようやくわかってきます。勉強をやるということそのもののハードルも下がります。

子どもに対する信頼は、そこに始めからあるものではなくて、信頼できるような状況を、いっしょに創っていくのです。イチから。

私がある程度それができたのは、のび父さんに比べてたっぷり時間があるから。

のび父さんは、出張も多いらしくてほんとうにたいへんだったと思います。数日まとめて課題の確認をして、そのとき「やってない」ことが判明したってそりゃもう気まずいだけです。学習習慣の定着とは逆を向いてしまいます。

…というように、困難な受験だったわけですが、それで最終的にはなんとかなったところがこの本の感動部分です。

上記の状況から想像できるように、この困難な状況の中で、がらりと様相を変える原動力となったものは、個別塾でも(あんまり)なく、のび父さんでもありませんでした。のびちゃん自身が、友だちきっかけでやる気を出し、それが転機になったのです。時すでに六年生の12月。って今だよ…

今からでも、お子さん自身がつかんだ「本気」となれば値千金!! 感動のラストが待っている…

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2012-12-18 13:29 | 中学受験

<< 潜在記憶的アプローチ「マイクロ... 朝型生活にしていくって、可能ですか? >>