人気ブログランキング |

国語読解、挫折した線引き読み   

中学受験のときも大学受験のときも、国語は得意だったけど、教える自信はない。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←勉強法も、問題も、合う合わないがいちばんある科目かな?

現代文に関しては、得意だった人のかなりが「なんとなくできちゃった」「なんでわからないかがわからない」というのではないだろうか?? でも、そこで思考停止すると、「数学って、一番簡単な科目だよね? 暗記しなきゃいけないこともほとんどないし、ぜんぶ考えればわかることばっかりじゃん」と言い放ったまたろうレベルになってしまう(またろうには数学の家庭教師はできそうにないね…)ので、もうちょっと考えてみる。大人だから。

私も理屈から読解を習った経験はある。駿台に通っていたときの「藤田の現国」。「記号でつかむイイタイコト」だったか、私たち世代にはわりと有名かな? 授業以外ではあまり現国の勉強した記憶はないけど、一年間藤田先生の授業を聞いて、なるほどと思ったし、おもしろかったという記憶はある。あれのおかけでやっぱり、確信を持って読めるようになったような気がする。

というわけで、がっつり根拠を求めて読む読み方といえば、線引き読みだろうか。そこで題材にしようとして買った本が
「中学受験 お母さんが教える国語、印つけとメモ書きワークブック」(早川尚子)

この本は、具体例を詳細に説明しながら、「印つけとメモ書き」の仕方、そしてそれを生かす学習方法を丁寧に述べているのでよい本だと思うが…この本のお奨めどおり、「時」「場所」「登場人物」「気持ちを表すことば」「できごと」「つなぎことば」「大切に思ったところ」etc.と、印つけとメモ書きをしていくと、文章がもうぎっしりしてしまう勢い。

ここまで書き込みしていったら、とてもじゃないけど時間内に解き終わらない。もっとも、そうやって慣れていったら、適宜省略してスピードアップを図ればいいのだろうけど…

なんか、ここまでしなくても。(訳: めんどくせぇ)

というのが捨てきれず。はなひめにはいちおう、本の紹介はして、一部一緒に読んでみたけれど、これを実践練習していく気がしなくて(時間がなかったともいう)、そのままになった。はなひめは、いちおう自分でも読んでみるといってこの本を自室に引き取ったが、そんなには読んでないと思う。今朝探してみたら、「印つけ」一覧のページにしおりがはさまっていて、ちんまりと本棚に立っていた。

結局、どうやったかというと、週に1題以上は「本科テキスト」または「栄冠への道」の読解問題をいっしょに解いてみるという、もはやノウハウと呼べないようなふつーの方法。というかそれもやってなかったんかいという感じだが、ほんとにやってなかったのだ。国語どころじゃなかったので、比較的マシな国語は放置。授業とテスト、テスト直しのみ。

しかも、超~個性的な授業をする先生なので、本科テキストにあるような一般的な読解演習はまったくといっていいほどやってなかったことになる。

それじゃまずいだろうってんで、毎週演習をするということにして、やり方はこんな感じ。
・問題文音読
・設問も音読、設問については聞かれていることに印つけ
・答えの材料になるところを探す、印もつける
・答え作成
・答え合わせ。違っていたら、根拠部分を再度確認

要するに、設問に関係あるところだけを印つけ読みするような方法で、やや丁寧な問題演習といったところだ。

たぶん、ミソなのは、大人が横でびっちりついて「丁寧な」問題演習を支えるということなのではないだろうか。いくつか聞いた「個別にいくようになったら国語が急上昇した」というケースはそれが奏功したもののように思う。しかしその程度のことなら、たとえばこじろうのときにだってやっていた…いや、もっとたくさんやっていたと思うが、それで国語が急上昇したなんておいしい話はなく(-_-;; それはもう、本人の準備がある程度できている場合に効果があるとしか。

ともかくこれで、「五年の平均偏差値」を基準に公開模試国語の成績推移を示すと、
五年→六年前期→六年後期
0 → -3 → +3
となり、単なる回復ではなく、五年時よりも良くなった。ちなみに、四教科の推移は
0 → -1 → +3
となっており、「谷」が少し浅い。浅いのは算数と理科のおかげで、社会は国語といっしょになって谷を押し下げる役割を果たしていた(オイ)。現在は社会もやや回復(か?)。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-12-07 13:06 | 中学受験

<< 入試本番ドキュメンタリーホラービデオ プリント洪水がやってきた!! >>