人気ブログランキング |

偏差値が「底」の時期を乗り切る   

偏差値見て、一喜一憂するなっていわれてもねぇ。やっぱりするよね人間だもの。それに親だもの。なんです。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←偏差値の出るテストもあと一回

でも、受験生親もキャリアが長くなってくると、一喜一憂度合いは下がります。それは、「まぁ三回くらいトータルで」推移を見ていくことに慣れるからかなと思います。細かい変動はそりゃーするもので、そんなに意味がないってことがだんだんわかってきますよね。

しかし、それならというので、三回見て、四回見て、五回様子見て、それでも平均が「どよん」としてたらどうします??

日能研の場合、毎月まいつき公開テストをやっていますから、たとえば六年前期というと、六回分の偏差値があります。その平均値を考えて、明らかに五年のときより下がってたらどうするかって話です。

こじろうのときは、何もしないで新五年入塾してしまったという、思いっきり悪いスタートを切ったため、あとは上がるしかありませんでした。二年間を振り返れば、基本すべて上がり調子。いや、正確にいえば、一年半かけて上がって、そこからは停滞という感じですが、そのときにはもう「届いてる」感じがありましたからね。成績の落ち込みに悩む暇もありませんでした。(なのになんであれほど心配だったんでしょうね、私は)

はなひめの場合、カリキュラムを親が理解していたこと、四年の間いちおう近所の塾に通ってぬるく準備していたことから、立ち上がりはすばらしく速やかでした。初回こそ、勝手がつかめずさほど取れませんでしたが、その一回を除けば、最初から、熱望校のR4にだいたい届いている辺りが相場だったといってもいいくらいです。

そう考えると、近所の塾で「ぬるく」やっていたというのも、ちゃんと日能研に四年から通っていた子とタメを張れるくらいの効果があったということで、悪くないですね。近くて余裕があるだけ、よかったです。

五年生のうちは、相場がそのくらいといっても、上がり下がりの幅は広くて、不安定この上ない状態でした。それは、六年時にあの驚異の安定性を見せたこじろうであっても、五年の間はずいぶんでこぼこしていたことからもわかるように、学習を軌道に乗せていく途上では、まだいろいろ穴があるから。それが徐々に埋まっていって、はなひめの成績も、ジグザクながら後半にはやや向上したかに見えました。

しかし問題はそこから。

ひととおりの学習を終えた六年になると、高値安定になっていかないといけないのですが、逆にまた下がってしまいました。しかも低値安定。安定してるだけに、傾向はくっきりはっきり。

ここで救いだったのは、原因がわりと見えていたことです。

直接の原因は、それまでの牽引役を務めていた、国語の落ち込みです。はなひめはこじろうと違って文章がある程度読めますし行間も想像できますから、それまでは「なんとなく」当たっていたのですね。問題文や問題が難しくなってきてスレッショルドを越えると、それが当たらなくなってしまったのです。

六年前半の偏差値を科目ごとに見てみると、国語がとにかく低値安定で、それが全体を暗く見せていた(-_-;; ということがよくわかります。むしろ、そのときに最低限、成績を支えてくれたのは、それまでのお荷物だった算数でした。基本問題は取れる、ある程度以上難しい問題は取れない、線引きがくっきり安定してきて、土俵際で踏ん張る力はなかなか信頼のおけるものでした。なんといつの間にそこまで育った、という感じです。

だから、国語さえちゃんと「根拠」を大事にする読解に切り替えて再浮上すれば、底上げされてきた他教科と合わせて、むしろ前よりよいポジションにいけると考えることができました。

大筋はそういうことです。細かくは、偏差値の出ないテスト(カリテなど)、それと日々の学習態度などを総合的に考えれば、今後の上げ調子、下げ調子の予兆を掴むことができます。

…というようなことを、ある程度「距離をおいて」考えることができて、「きっと六年後半は上がる」と信じて過ごすことができたのは、ブログのおかげです。

そらで考えているとどんどん感情と不安に流されてしまいそうなところ、書いてみると、材料や筋道がちゃんとつなぎとめておけるのです。しかし、書き続けるモティベーションが維持できるのは読んでくださる方がいるからです。読者の方々にはほんとに感謝、感謝です。いましばらくよろしくお願いいたします_o_

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-12-05 13:19 | 中学受験

<< プリント洪水がやってきた!! divide by 0 error! >>