人気ブログランキング |

片付けのできない子は中学受験に向かない?   

先日、「国語苦手男子の霧が晴れるとき」の中で、高濱正伸氏(はなまる学習会)が言ってた、中学受験向きの子かどうかを見極めるポイントというのを引き合いに出しました。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←それぞれの中学受験、それぞれの幸せ

それは、「他者性」が育っているかどうか。精神的な発達が早いタイプのほうが、中学受験に向いてるってわけで、まぁそれには特に異議なしですけど、じゃあこの、小学生のうちに他者性が育ってる「できるくん」をうちの子にしましょうかしら、ってわけにもいきませんので、うちにいるのはあるがままの我が子なんですよね。

で、その子にはその子なりの中学受験ってのもあるんじゃないかと思う(そして、そうした)わけですけど。

「他者性」のほかに、高橋氏が言ったポイントで、「片付けができる子」というのがありました。机の周りとかを自分で整理整頓できて、学校へ行く支度、塾へ行く支度、何事もソツなく揃えられて、という資質が小学生のうちから…三年四年にはまだでも、五年六年となったときに整っているかどうか。

これができる子であれば、親がやたら干渉しなくても中学受験できる。自学自習とまではいわないけれど、たとえば塾の助けはばっちり借りるとして、それで充分というような。

これについてはもう、そういう子の中学受験なら、適時の受験生活というか、問題なく行けるだろうけれども、そもそもそういう子だったら、公立中に行ってもそれなりに勉強して提出物も出して内申もとるだろうから、逆にいえば高校受験でも問題ない子なのでは。

なんとなく、個人的な感触からいえば、片づけができる子かどうかって、中学受験のほうに(高校受験より)向いてるかどうかに関係がないような気がするんだけれども。

と、思っていたところ、こんなんありました:
「人気講師が教える理系脳のつくり方」(村上綾一、文春新書)

この中の、「子どもの持ち味を消さないように」の項で、(1)コツコツ努力するのをいやがる子 (2)面倒くさがりな子 (3)身の回りが雑然としている子 (4)ノートの取り方が雑然としている子 について、それに対していわゆる「しつけ」として親がガミガミいわないほうがいい、これらはいずれも理系に優れた素質の発露である場合があるから、というような話が出てきます。

この(1)~(4)まで、といえばもう。よしぞうとまたろうですね、特によしぞう。よしぞうはこの(1)~(4)にくまなく当てはまり、それでがっつり理系で、中学受験向き。

(3)については「「身の回りが片付いている子は、頭の中も整理されているから勉強ができる。雑然としている子は勉強ができない」と親は思っていますが、実際には逆のことも多いのです。(略)「服をしまいなさい」と子どもに言ったとき、「明日の朝着替えるとき、そばに置いておくほうが楽だから」と出しっぱなしにしても認めてあげてください。それは子どもなりに合理性を考えた工夫で、理系センスを養うことに繋がっていくはずです。」と書かれています。

いや、生活のうえで、しつけとして服をしまわせることをやめる必要はないと思う。それはそれ、これはこれというか、快適生活を追究しつつ、子どもの素質を伸ばす、生活の工夫(すりあわせ)が大人の知恵ってもんじゃないのか? とも思うんですがまぁそれはそれとして、片付けられない子で算数がやたらできる子がいるのは事実です。

別に、高橋氏のいうこと、村上氏のいうこと、どっちがより正しいとかそんなことを言いたいのではなくて。結局のところ、いろんなタイプの子がいて、このタイプでなければ中学受験できないとかそんなことはない。本人のタイプ、親の価値観、経済力、地域性、いろいろ含めて総合的に、中学受験しやすい/しやすくないというのがあって、連続的につながっているものだと思うんですよ。

それで、中学受験のほうにしよう、ってなった場合には、その子に合ったやり方で中学受験すればいいし。片付けできる子にはできる子の、できない子にはできない子の、それぞれちゃんと幸せになれる中学受験。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-11-29 13:24 | 中学受験

<< 理系脳と「美しいノート」 アサガオ、こんな花つけて自家受粉!? >>