人気ブログランキング |

過去問、記述の添削をどうする   

思えば、こじろうのときの過去問の扱いはとても簡単でした。記述がなくて、赤本見れば親でも簡単丸付けできましたからね。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←今日は公民スペシャル(予定)

なにしろ、結局、どの科目も一度も塾に提出したことがありませんでした(^^;; それもどうかと思うんですけど…たぶん、丸付けは家でやるにしても、提出すればアドバイスとかもらえたはずですよね。でも、当時の我が家は今と比べ物にならない紙洪水(ダブル受験)でしたので、解答用紙をコピーとって提出させて…とかやるのはカオスを助長するからやめておこうかと。

ところが今回は記述が非常に長くてややこしいので、ほんとはプロに添削してもらいたいんです。特に国語。

国語は、九月からもう過去問提出してよいということだったんで、先生の指示どおり、解答用紙と、事前レポート(これこれに気をつけて解くぞ、みたいな)、事後レポート(どういう観点が必要だった、とか、どう読む必要があった、など)をセットにして提出しました。九月、十月、十一月にそれぞれ一回ずつ。

しかしまだ一度も返却されていません(-_-;;

国語の先生は、過去問でなくてもそうなんですが、とにかくすばらしく丁寧な添削をするけど、返却が超絶遅い人なんです。たとえば、授業の始めにやる漢字の小テスト、こじろうのときの国語の先生だと、隣の人と交換して丸付けさせて、その日に返却、そしたら間違ったところを練習して、次のカリテに間に合うということで、まぁこれがふつうかなと思います。ところがはなひめの先生の場合は、回収して先生がじっくり採点。翌週か、悪ければもっと後になって返却されます。とめ・はね・はらいまでしっかり確認して、コメントまで書き入れてあって、それはもう充実した書き込みです。なんですけどね…

やっぱり、丁寧さと、スピードのバランスというかなんというか。

だから、過去問も返却遅いだろうなとは思いましたが、予想のナナメ上をいかれました。どうも、年内に返却されればいいほうらしいです。そうするとまぁ、考え方としては、そのとき何か受験の心得的なものを先生の添削から得られるかもしれませんが、ふつうの意味でいって、過去問の直しをして勉強していくというサイクルにはまったく乗りませんね。

この状況となると、ユリウスやめないほうがよかった? とかチラッと思わなくもないですけど、ユリウスにいたときの状況からすると、私が見るより国語の記述を確かに見られる先生がいたようにも見えないし、あんまり変わらないかな。

それで、今はどうしてるかというと、過去問やったあと、まずは私が学校配布の資料を頼りに丸付け採点をして、それからはなひめが自分でそれと資料、問題を突き合わせてじっくり「悩みます」。それで、自分なりの完璧答案はこれだというものを作ったり、こういうことに気をつけるといったレポートをまとめたり、ま、とにかく自学自習スタイル。

これで大丈夫かどうかちょっと不安ですが…

ほかに、算数を提出するとはなひめはいっていますが(先生から催促されたのかな?)、はっきりいって算数はどうでもいいです。採点もできますし、途中式の確認も国語と違って私にも楽勝ですし、だいいち合格点だいたい取れてるし、問題あったところを再チャレンジに回して定着させればおっけーです。まぁ提出したければしてください。

理科もどうでもいいな。社会は提出したいけど、まだそもそも穴ぼこだらけで過去問より穴埋めという状態(^^;;

はぁ~こくご~

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-11-23 08:47 | 中学受験

<< 公民スペシャル!! あえて自立を求めない >>