人気ブログランキング |

チャレンジでない志望校のときのモチベ維持   

子どもにぴったり、似合うと思う学校に対して、この時期、偏差値は充分届いてるし、過去問を解けば合格点を充分とれる。この状態でどうやってモチベーションを維持すれば?

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←どんな入試にも悩みあり!?

…というご質問をいただいたので、本日はそれをお題に。こじろうのときもあらかたは、こんな状況でした。偏差値の余裕はさほどでもなかったのですが、過去問との相性が抜群で、もう夏終わるくらいのときから合格+20点くらいふつうにとれましたから。

より難しい志望校に変えるって選択肢はありませんでした。だってそれより行きたい学校はないわけだし、大体、そこの過去問相性がむちゃくちゃいいだけの話で、似たような偏差値の学校を解いても、あるいはもうちょっと易しいはずの学校を解いても、なかなかそんなにはいかなかったんだもの。

油断する、ゆるむ、という危険がある状態ですけど、なにしろ安全と思った中学受験で全落ちのトラウマをもつ母なので、私はちっとも安心してはいませんでした。だから、計算や漢字などの下支えを継続するとともに、明らかになった穴を地味に地味に埋めていく課題を真剣に組んでやらせていました。

ただし、確かに本人のモティベーション的にはかなりの危機で、毎日、ゲーム時間という短期的にんじんで回している状態でした。母子のギャップが大きかったこともあって、一月になって、「ストライキ」とかごたすかしていたのは過去記事にあるとおりです。

ほんとうのところ、中学受験はそんなに甘いものではないので、いくら実力が足りていても、気持ちの部分がダラ下がりだったら合格確実とはいえないと思います。危ないところでした。でも、こじろうの場合は、バトルはありましたけど、にんじんをぶら下げられれば、集中して短時間で課題をこなすことができたし、テスト中はわりと無条件に燃えてしまうタイプでもあるし、そして最終的にはとにかくその学校に行きたいという熱意はあったので、なんとかつじつまを合わせたという感じです。

とはいっても、ご質問をいただいた状況は、もっと余裕があるようで、偏差値的に10以上。

第一志望校が、偏差値にしてそれだけ余裕があるというのは、ないことではないけれど比較的少ないケースだと思います。なぜ少ないかといえばそれは、10違うとかなり子どもの資質が違うのがふつうで、たとえば偏差値55の子であれば、45の子が集まった学校よりも、55の子が集まった学校のほうが「似合う」「居心地いい」と感じることが多いからです。

それならその例外にあたるのがどんなケースかというと、
・その学校が際立った特色を持っていて、それが特に気に入っている。
・偏差値表に載っているのは「下限」だけれども、実は上が幅広い。(地方校、小学校がついているところなどわりとそういうことがある)
・本人の能力に激しいでこぼこがあり、入試の点は稼げるけれど、ほかに非常に苦手な部分がある。
など。

なんとなく、またろうの受験を思い浮かべてしまいました(^^;; またろうの入試は、第一志望校に対して、10ポイント余裕のある入試でした。しかし、安心できる入試ではなかったですけどね(本人の性質上、安心できる状況は存在しない)。

10も余裕がある学校が、その子にとってのベストな選択であるということは、ありえます。ありえますが、その判断が正しいかどうかは、よく確認しておくほうがよいと思います。つまり、例として数字上の適正校の雰囲気をいくつか見て回って、比較するくらいはしておきましょう。そして確信が持てたら、次に対策です。

残り10週間、どう過ごすか。(つづく)

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-11-20 13:18 | 中学受験

<< 勉強意欲の源は、チャレンジ校と... 塾による志望校誘導ってある? >>