人気ブログランキング |

バトンをもらう・わたす   

だいぶ冷えてきたので、はなひめが去年着ていたジャンバーを出してみると、あれ、なんだか小さくなったような…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←受け取る・育てる・受け渡す

はなひめと、ジャンバーを見比べてみると、どうもやっぱり寸足らずだ。いつの間に。それで、思い出して、三年間しまってあった、おさがりのコートを出してみると、まぁぴったり(^o^)/
これは、あるブロ友さんにいただいた、娘さんが中学受験の冬に来ていたもの。これまではなひめが来ていたような子どもっぽいのと違って、ちょっとお姉さんぽいおしゃれなコートだけど、それだけじゃない。めでたく第一志望に受かったという、縁起ものである。

「いいねいいね、これ着ていこう♪」…しかし、お出かけ先は、楽しい場所ではなくて診療所。目的は、インフルエンザの予防接種である。痛いのがキライなはなひめは、非常に気が重いらしい。とはいえ、自分の受験だからしかたない。またろう・こじろうの受験の年、はなひめは予防接種を嫌がってたけど、「はなちゃんの受験の年になったらまた、家族全員で受けてあげるから」と説得して受けさせたものだ。(さすがに今年、兄たちは、文句いわずに受けてくれた)

この診療所は、子どもたちが小さいころはずいぶんな頻度で通っていたものだけど、大きくなったらすっかり病気もしなくなったし、たまに何かあっても、お年寄りで込み合う診療所を避けて、別のこどもクリニックに行ったりして済ませることが多かった。だからほんとに久しぶり。

先生は、にこにこと「へぇ~はなひめちゃんが受験!! 大きくなりましたねー(^-^)」。ひとりひとり、丁寧に診察して「大丈夫ですね。今日、打ちましょう」と、注射。笑顔と話し声がほんとにあたたかくて、注射もすごく上手。針を刺すときはほとんど感じず、薬液が入るときじんわりするくらい。やってもらったことは、インフルエンザの予防接種という何の色気もない行為なのだが、診察室を出るとなんとなく気持ちがほっこりしているというのは、人徳ですねぇ。

ここまで大過なく受験生活を進めてくるにあたっては、塾の先生方はいうまでもないけれど、ほんとうにたくさんの人たちに支えてもらっている。

特に、自分の子どもの中学受験を終えた親たちは、なんの義理もなくても、これから受験する子どもを抱える親に対して、情報や資料や過去問や縁起もの物品をくれたり、愚痴を聞いてくれたり。すべてボランティア精神である。この原動力がどこから来るかといえばやはり、中学受験生活で自分や子どもが得た果実の大きさ、すばらしさに感謝し、これをほかの人も味わえるように手助けしたいという気持ちではないだろうか…

これまで、中学受験を一回は終えたけれど、まだ我が家の中学受験が残っていたから、私はいろいろな人からバトンをもらうばっかりで、人にバトンを渡す気持ちが少なかったと思う。

進学レーダー「先輩親子から現役親子への合格☆必勝リレー!」は「バトンがぎっしり」詰まった本だ。たくさんの人が、受験を終えてアンケートにびっしり書いてくれたメッセージがてんこもり。細かい気遣いの含まれたアドバイスの数々をじっくり読んでいると、こうして受け取ったバトンを、しっかり「幸せ」に育てて、いつか自分も誰かにバトンを渡さなくちゃ!! という気持ちになってくるのだ。

実はたいへん筆不精なので(←紙に書く行為は。ブログならいくらでも書けるのにね)、前回の受験が終わったとき、こういうアンケートものとかほとんど協力したことがなくて、申し訳ないことをしたな。
…今度は二回分と思って、気合い入れて書くわよ(^^)

あと、前回は捨てることしか考えてなかったから(早く家の中を片付けて高校受験の仕上げをしないといけなかった)、今回は、中学受験本とか、過去問集とか、活用していただけそうな方にちゃんと「渡る」ようにしたいな~

あ、いや、まだそんなことを考えてる場合じゃないんですけど…とにかくこの受験を片付けないとね…

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-11-18 14:50 | 中学受験

<< 塾による志望校誘導ってある? まだ続く学校めぐり >>