人気ブログランキング |

まだ続く学校めぐり   

願書は全部揃ったが、だからといって安寧な週末が訪れるわけではない。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←忙しい日が続きますがあと少しがんばりましょう

まだこの先、足を運ぶ予定の学校がなんと四校。そのうちひとつは、まだ今年一度も説明会に行ったことのない学校で、ただ去年は行ってアンケートを書いたからなのか、何もいわないのに願書は送ってくれたから持っている。だからといって、二月後半戦にもつれ込んだら受ける予定もあるので、今年行かないってわけにはいかないだろう。

ほかの三校は、もう説明会は行ってあるのだけど、さらに間近になってくると、入試対策なんとかとか、入試問題解説とかいう、入試に特化した説明会や練習会があるというもの。こじろうの受験のときには、こういう会の存在をぜんぜん意識していなかった。こじろうの第一志望校はほら、高ビー系の学校で、こういうサービスはやらないし、ほかではやってたかもしれないけど、なにしろダブル受験で忙しかったからね。

こういう会があっても、だいたい、それなりに難しい学校はあんまりはっきりしたことをいわない。でも、たとえば過去問を使って子どもたち本人を集めて練習と解説をしてくれるようなところであれば、それは心構えができるから、具体的に出る問題がわかるわけでないにしても、志望順位が高ければ連れていきたくなるというもの。

志望順位が低いところは…うーん、家で過去問解くほうがいいかなぁ。と悩ましい。親が行く説明会だったら…やっぱり行っておく? 気になるから。

こんなこといってると、ほんときりなくって、ふつうの説明会とあわせて、いやこの先、願書出したりとかもあるから、ずいぶんな数、学校に足を運ぶことになる。

こじろうの受験のときの経験をふまえて、はなひめの受験のときには、「早めに学校めぐりを済ませておきましょう」かなんか思って、四年五年で(私にしては)だいぶまじめに回ったんだけれど、結局六年になってから、願書はもらわなきゃいけないし、入試問題は気になるしということになると、ずいぶんな数を回らないといけない。四年五年で回った学校で、「ここは受けない」という結論が出たところだけ行かなくていいだけのことだ。

先日行った学校なんて(初受験となる予定の一月校)、入試問題なんとかではなくて、ふつうの説明会なんだけど、このパターンの図形問題が出るというのをはっきり教えてくれたり、時事問題ではこの話題ですよとか明示的に言ってて、なかなかサービス満点だった。受ける人はあらかた聞いてるわけだから、結局公平みたいなものだけれど、もしかしたら、何度も来た人は別の話も聞けるとか、あるのかもしれない。

そうすると、熱心度を測るというか、どうしてもこの学校と思っている人をよけい合格させる効果はある→歩留まりがよくなる、ということで学校としてはうれしいのだろう。(もちろん、いわゆる難関校はこんな露骨なサービスはしてくれない)

そんなこんなで、現在四年生五年生の方、「あらかじめ」がんばっておいても、六年になるとやっぱり土日がめちゃつぶれるので、ほかの予定は極力、がーんと空けておくことをお勧めします。

いやーでも、私も忙しい忙しいといっているけど、うちはメイン部分の受験ラインナップが早くから固まっていたほうだし、複数回受験のところは多いしで、「標準(?)」よりは楽だったはずなんだよね。はぁー。

今日は、インフルエンザの予防接種と塾の個人面談に行ってきます。来週は歯医者(*)。そんなのもごたごたある土日…
あと少し、がんばろー。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

(*)土曜日の午前中しか過去問するときないのに…結局、過去問はいつするんだ??

by an-dan-te | 2012-11-17 08:25 | 中学受験

<< バトンをもらう・わたす 安全重視の熱望校!? >>