人気ブログランキング |

幸せな中学受験のための志望校選び   

「自立につなげる中学受験」という面でいうと、こじろうのときの受験勉強の進め方はとてもほめられたものではなかっただろうけど、こじろうの場合、非常に良かった点がひとつあった。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←確率の問題でもあり、確率の問題でもなし

それは、熱望の第一志望に合格したということだ。自分がこれまでがんばってきたことが合格という形になり、そして「あの学校に行きたい!!」というところに入学できるのだから、その後の「意欲」としてプラスにつながりやすいのは当たり前のこと。しかし入試は時の運、第一志望校に受かるとは限らないから、これをどう考えたらよいか。

受験に関わらず、ただ勉強をすることにも当然価値はあるにしても、中学受験という形で勉強してきたからには、合格という果実につなげてやりたい。努力の積み重ね→成功、という体験は、意欲を育む教科書どおりのセオリーだ。

私がやらかしたような(^^;; 不本意な全落ちを避けたいのはもちろんだが、どこかに受かればいいというものでもない。滑り止め(と思っていたところ)に入学し、「こんなはずじゃなかった」という思いをひきずり、高校からの脱出というプランに心そそられ、周囲の子とは「レベルが違うのよ」的なにおいをさせる、という状況では意欲もへったくれもなくなってしまう。

「中学受験という選択」(おおたとしまさ、日経プレミアシリーズ)の中では「第二志望でも納得できないという病」という表現が使われている。要するに、第一志望校への思いが強すぎ、第二志望でさえどんどん悪い面ばかり見てしまうという病のこと。

「第一志望の存在は、この子のやる気を引き出し、能力を伸ばしてくれたけれど、今、この子にとっていちばんいい学校は、こちらの学校だったのだ。神様は、努力した人に、最善の結果を与えてくれたのだ」というような、「健全なるルサンチマン(byおおたとしまさ)」を感じるにはどうしたらいいのか。

「中学受験という選択」に書いてあるお奨めは、
(1) 中学受験勉強自体に価値があると思うこと
(2) 第一志望校以外は全部第二志望校と思うこと

(1) は根本的な、根源的なポイントではあるけど、これで十分とはいえない。人間はもうちょっと贅沢にできてるよね(^^;; だから、(2)が重要になってくるのだけど、「この学校はここがいいね、あの学校はここがいいね」と、「迷っちゃう」くらいどれもいい学校だねというスタンスで入試を迎え、入った学校はどこでも(とにかくどこかに入れるように難易度は広くばらけさせる)ここが一番ぴったりの学校、というふうに思う。

私も、基本的にはそう思うんだけど、ちょっと違うところもある。そんなに数を撃ってもしょうがないと思うんですよね。やらなきゃいけない過去問も野放図に増えるばっかりで、確率が上がっていかない感じ。

だから、
・やや安全くらいのところ(80%偏差値に、ちょい余裕もって足りてるくらいの)を熱望の第一志望校にする。
そして次に、
・ガチ安全のところ(80%偏差値に、5~10ポイントの余裕もって足りるくらいの、かつ過去問相性もよい)をお気に入りの第二志望校にする。
この2ライン死守が、我が家の中学受験の考え方(勉強方法も、出題傾向に左右されにくい基礎重視で固める)。だから、こじろうの第一志望合格は、偶然でもあり、偶然でもなし、といえる。

もちろんそうでなくても…チャレンジな第一志望校でぐーっとひっぱることで、それに受かっても落ちても幸せな中学受験ができた親子もたくさんいるとは思うんだけど。それにはもうちょっと親が人間できてるというか、腹がすわってる必要があるような気がするので、うち向きでないと思った次第です。

ここまで読むと、けどそんな安全重視で、「熱望の」とか「お気に入りの」とかうまくいくもんだろうか?? という疑問が出てくると思います。それについてはまた後日。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-11-15 09:08 | 中学受験

<< 安全重視の熱望校!? 自立につなげる中学受験 >>