人気ブログランキング |

国語苦手男子の霧が晴れるとき   

すんごい遅ればせながら、今年の五月に行われた「ベネッセ進学フェア」のDVDを見たんですが。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←子どもの成長を、ただ待つのもしんどいものですが

その中で、高濱正伸氏(はなまる学習会)がおもしろいことを言っていました。中学受験向きの子かどうかを見極めるポイントの中で、「他者性」が育っているかどうか、というのが重要なひとつで。

物語文の読解なんかでは、ものすごい長文を短時間で読ませ、登場人物の気持ち、さらにはその変化、機微といったものを聞いてくるわけですよね。たとえば初恋の物語で、校舎の陰から好きな男子の部活風景をそっと見ている女子の気持ちを聞かれたときに、高濱氏が前に教えたことのある男子は

「うざい」
って答えたという(^^;; それは、オマエの気持ちだろうが~

とにかく、他者の立場に立って考える、あるいは、他者にわかるような表現をするという能力があるかどうか。そういうことって、頭の良し悪しというよりは、発達段階の違いということになると思うんですが、それがまだ育ってないなら、無理をせず高校受験へいらっしゃい。というのが高濱氏の主張というか提案だと思います。

それはそれでわかるけど、まぁそれでも中学受験したいという場合には、土を耕し種を撒き(←漢字語句こつこつ)、相性のマシな学校を選び、過去問きっちりつきあって押し込んでしまえ、というのが私の提案ですが。

しかしそれって、別に「他者性」の問題に本質的な解決をもたらしたわけではないです。親とは関係なく、本人のタイミングで、あるとき何かが起こる。つながる。そういうものですね、発達段階というものは。

私が「国語苦手男子をどうする?」という記事を書いたあと、それを引用してくださって「国語苦手男子に少女漫画のススメ」という記事を書いているブログがあります。まだ読んでいない方はぜひ読んでみてね。おもしろいから(^-^)

このブログ筆者のお兄さんは、国語の読解がひどく苦手だったのですが、あるときから「少女漫画」を読みふけるようになって、ものの数ヶ月で模試の点もガーンと取れるようになったそうなんです。

なぜ少女漫画なのか、というと、このお兄さん曰く。
> 「少女漫画には『葛藤』があるんだよ!」

>  少女漫画の主人公は最初と最後じゃ
> 考え方が変わるんだわ。
> 何かの出来事をきっかけに
> 主人公は人間的に成長するわけ。

うーむ、確かに物語文読解的です。こじろうの国語で悩んでいたときに買った「中学受験 必ず出てくる国語のテーマ(小泉浩明)」という本の中でも強調されていた、「テーマ」(たとえば「父親に反抗する少女の成長の物語」というような)に慣れるということ、それを地でいくことになりますね。少女漫画を読むというのは。

そういや、よしぞうは(典型理系だけど国語は得意だった)私よりはるかに少女漫画に造詣が深いのだが…それが役に立っていたんだろうか…

えっとまぁ、しかし、じゃあなかなか国語の成績が上がらないからうちの子にも少女漫画を読ませてみましょうか、というのはちょっと違うかもしれません。前述のエピソードのお兄さんも、自分でそのことに気づけるくらいになって読んだらおもしろく、そして効果も上がったわけですね。

ある「元・国語苦手男子」も、中学三年くらいの一時期、ドラマやバラエティー番組にハマっていましたが、それは、文脈・行間・空気が読めるようになりかけて、そしたらそういうものがおもしろくて、そこからいろんなことを吸収できた、ということだと思うんです。

たぶん、親が、少女漫画やドラマを推奨しても始まらないんですよ。発達の階段をいつのぼるかなんて、本人のタイミングしかないです。親にできることは、土台作り、種撒き…それはきっと、時期がきたときに、より大きな実りを得るためには役立つことでしょう。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

「うちの女子は国語苦手なんですが」というような声もあり、タイトルをどうするかちょっと考えたのですが、もちろん、国語の点数なんて性差より個人差のほうがでかいです。でも、ここで書いたようなパターン(機序)で国語ができない子ってのはやっぱり男子に多いかなと思ったのでとりあえずそのままにしました。

by an-dan-te | 2012-11-10 10:42 | 中学受験

<< 算数苦手女子の霧が晴れるとき 算数苦手女子をどうする? >>