人気ブログランキング |

テスト直しは宝の山   

アートベースさんからリクエストいただきましたので、本日のお題は「テスト直し」ってことでいってみます(^^)

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←といいつつカリテの直しが終わってないのはどうしたわけ

> やろうとしても下手をすると一科目だけで気付くと2時間近くかかってしまっていたり…
ということで、そりゃ大変だ。嫌になっちゃいますよね。

そうですね、根本的に、発想を変えてみたらどうでしょう。

一科目に二時間でもかかる、ということはおそらく、
「間違えた問題・解けなかった問題をつぶしていく」
というふうに直しているのではないかと。つまり、満点と、自分の子の答案の差をなぞっていく方式です。

これ、やめましょ。時間かかるし、げんなりするし。

みんなが真剣に問題に向かう中、あなたのお子さんも、時間内めいっぱい、自分の持てるものを出して、取れる点数を取った答案です。家で漫然と問題演習してるときより、たいがい真剣だったはずです。

その結果できあがった答案は、こりゃもう宝の山なんです。

お子さんの答案と、満点答案との差は、「マイナスポイント」ではなくて「これからの伸びしろ」です。満点取らないと受からないような入試はありません。「伸びしろ」が売り飛ばしたくなるほどたくさんある場合(^^;; は、よりすぐりをピックアップすればいいです。一歩でも二歩でも前進しましょう。

「やりつぶす」んじゃなくて、「ピックアップする」んです。←ココ、大事なところです。

・膨大な空白地帯が残っているけど、実はそこ、けっこう解ける問題があった!! なんて場合は、この辺を飛ばしてここに行けたらよかったね、まずはざっと問題全体を見渡してみたら? というような戦略を練ってもいいし…

・うっかり失点しているところがあれば、「あてはまらないものを」って書いてあったねー、とか、「送り仮名」も書くんだね、とか、うっかりの内容を確認。今からの時期なら「ミスノート」を作るのもいいですね。うちではまだやってないけど(爆)

・計算ミスも、何でミスしたかがわかればいいけど、いつもわかるとは限らないので、その場でやってみて正解できたら、やりかたはわかるんだねということでだまって再チャレンジに回せばいいかな。

・知らなくて解けなかった問題なら、その知らなかったことが、忘れてしまっていた基本知識ならぜひここで覚えましょう。いやこんなこと、覚えたことないよねってくらい細かい話だったら、「へぇー」ボタンだけ押して(古い)華麗にスルーしても。

・解き方がわからなかった問題だけど、解説見たら、あ、そうそう、わかったという感じがつかめたら。解説を見ないで、解いてみる。いやこうすればよかったんだね。と納得したら、再チャレンジに回す。解説を見て、思わず「遠い目」になってしまったときは…ご縁がないと思って、捨てましょう。

・ただし、その捨てたくなる問題が、基本問題だった場合は、しかたがないので、本科テキストに戻って穴埋め…は、その場ですると長くなるから、ポストイットつけて、後日。

・どう書いていいかまったくわからなかった記述問題なら、観点だけまず口頭確認して、あとは「写経」(解答を見て、心をこめて写す)。ただしこれをいくつもやると疲れるので、一回のテスト直しで長いものなら1個とか、極力しぼる。

まぁこんな感じ?? 大事なことは、「なんとかなりそうな順に、時間のある分だけやる」ということです。お宝を1つでも2つでも拾えれば、拾ったもん勝ち。やらないより、やったほうがまし!!

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-11-01 12:54 | 中学受験

<< いろんな かお(カウントダウン... 塾テストの過去問!? >>