人気ブログランキング |

学校別生涯賃金期待値ランキングのからくり   

本気で騙される人もいないと思うし、楽しんで読めばいいことかもしれないけど…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←嘘でない範囲の騙し方、みたいな話

あんまりなランキングだったのでやっぱりつっこみたくなりました。「週刊ダイヤモンド11/3号」です。

電車の吊り広告を見ていて、
「高校・中高一貫校別生涯賃金期待値ランキング」
というのに目が留まりました。そのランキングでは「女子学院」三位となっていたからです。そんなばかな…

何をどう計算したらそうなったんだろう?? (←気になってる…)

電車を降りると、つい駅売店で買ってしまう。(←負け(^^;;)

ちなみにこのランキングはこうなっている。
1 世田谷学園
2 フェリス女学院
3 女子学院
4 西
5 頌栄
6 鴎友
7 サレジオ学園
8 聖光
9 浅野
10 栄光


違和感ありありでしょ? なんで女子校がこんなに強い??
たとえばですが、麻布(18位)とか開成(36位)とかより、女子学院のほうが、生涯賃金が高くなるといわれて、アナタ信じますか?

信じませんよね。

これは、どう算出したものかというと、「大学別生涯賃金期待値ランキング」というのを元にしているとあります。大学別に、就職先の企業の年齢別平均賃金データとかを使って、計算するのですね。これとて、どれだけ正確かは怪しいですけど、それをとりあえずおいておくとして。

そして、「高校・中高一貫校別生涯賃金期待値ランキング」を出すときには。そう、もうわかりましたね。各学校から、どの大学に何人進学したかを調べて、各大学の大学別生涯賃金期待値を掛け算していったと書かれています。

そうすると、こんなに見事に、実態からかけ離れたランキングが出現するわけです。

同じ大学に進んでも、その人が、生涯賃金の多い企業に就職しようとするかどうかで、結果は変わります。
さらに、就職したあと、どこかの時点で退職するかどうかで、大きく結果は変わります。たとえば育児退職、たとえば配偶者の転勤についていくための退職。

ありていにいって、この部分については、非常に男女差が大きいのが現状です。もしも実際に、卒業生ひとりひとりについての調査を行って平均を調べたとしたら、このランキングはべらぼうに違ったものになったでしょうね…

もちろん、私はその実態(社会的な性差が大きいこと)を「よいこと」と考えているわけではないんですけど。

そうですね、非常に好意的に解釈すれば、ダイヤモンドさんは、今の子どもたちが大人になるときには、就職のときに男女差別なんかまったくないし、不本意な育児退職をする人なんかいないし、望まない転勤をさせられる人もいないはずという希望的前提に立って集計を行ったのかもしれません。

ところで、男子校どうし、女子校どうしを考えた場合でも、なぜ最難関校がランキング上位にいないのかといえば、それはひたすら、東大・京大の「生涯賃金期待値ランキング」が低いためです。東大はこのランキングでベスト10にも入ってません。それは大手民間企業への就職以外の仕事をする人(研究、公務員、法曹など)が抜け落ちているから。そうすると、東大・京大ではなくて、一橋・東工や有名私大がランクインするのですね。

え!? じゃそもそも、「大学別生涯賃金期待値ランキング」がぜんぜんあてにならないじゃないの。そのとおりです。

「当てにならない」を二乗すると、まったく納得性のない「高校・中高一貫校別生涯賃金期待値ランキング」が出来上がるという寸法です。

まぁね。ランキングというのはそういうものだから、一片の真実が含まれていて、読んで楽しめればそれでよし、という考え方もできます。それにしてもでたらめすぎだけど。
この場合「一片の真実」って何かって?? それは各自考えましょう(^^)

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-10-29 13:00 | 中学受験

<< 続けられる人々(開成野球部のセ... 栄冠への道と過去問、どっちが優先? >>