塾が19:20に終わったら   

塾が九時くらいに終わると、たとえば40分くらいして家について、飲み物飲んだりしゃべったりちょっとうだうだして(これが余分…)、慌ててお風呂に入って、勉強なんにもしなくたって十時半に寝られればいいほう。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←よいこは寝る時間…って何時!?

ショートスリーパーのお子さんならともかく、そうでない場合は、朝型生活(ばっちり計算と漢字の朝勉強付き)なんて夢のまた夢。

それが、今年度になってからは、10分だけ前シフトした。前シフトした意図は聞いてないのでわからないけれど、このシフトの効果はびみょう~

確かに、夜のその10分はけっこう貴重ではあるんだけど、うちのまったりおじょうさんは、開始の前シフト10分もけっこうイタくて、実際遅刻が増えたと思うし。あと、前シフトの効果で公式には八時45分に授業終了していることになってるんだけど、実際その時間に塾を出てきたためしがないからな…

最近の実績からいえば、前シフトの効果がいちおうあって、九時ちょうどに塾を出るくらい。まぁ、これが九時10分平均になってしまうよりはいいような気はする。塾に行く前にやっておくはずだった計算・一行題あたりが放置されていた場合は、最低限計算だけ(所要時間10分として)やってから寝られる勘定だものね。(いや実際なかなか難しいんだけど)

これが、今年の五年生からは、ひとコマ減って19:20終了だって話じゃないですか。これは画期的な方向転換じゃないのかしら。とにかく長時間拘束タイプの日能研にしては、思い切りましたね。

そういえば、学校が脱ゆとりでじわじわと拘束時間を増やす中、塾が依然としてゆとり対応じゃ持たないと、このブログでこぼしていたもんだけど、そういう声が増えたのかな~??

まぁ、中学受験スタンダード(日能研がスタンダードだというつもりはないが、スタンダードにある程度影響を与えるだろうから)が健全化するならそれに越したことはない、と思う。

ただ私は個人的に、この19:20終わりって、あんまり好きじゃないんですよ。今も、火曜日だけは19:20終了なので毎週この体験をしているわけだけど、まず帰ってくるのが八時ってことは、ごはんを食べ終わると八時半…と見栄を張りたいところだけど、食卓に着くまでだらだらしてたり、さらに食べるのが遅かったりするからこんなもんじゃすまなくって、早くて八時45分、いや九時か…九時に夜ごはん終了なんてあんまりにも、これはこれで不健全な感じがする。ちなみに我が家の標準夜ごはん時間は七時半から30分間でございます。

八時帰宅だと家族とずれちゃうから結局個食。しかも九時に食べ終わったりしようもんなら(そりゃ、うちがいけないんだけどね)、もう勉強するほどの時間も残ってない。なんか、ひとコマ削ってあるわりにお得感がないのよね。なにがいけないんだろうって考えると…

やっぱり、夜ごはん時間。休み時間を10分延ばしてお弁当タイムにして、塾終了が19:30だったら、我が家的に完璧!! 八時過ぎて帰ってくるけど、さっと勉強…なわけないとしても、さっと休憩して八時半くらいには勉強も始められる(かもしれない)。

もっとも、ふつうはお弁当を作らなくて済む時間帯のほうが好まれるだろうから、これに賛同する人はほとんどなく(^^;; したがって日能研にこのスケジュール(お弁当タイムつき、19:30終了)が取り入れられることもないであろう。

まぁそんな個人的な愚痴はどうでもよろしい…
時間を短くしたら、日能研生の実力にどう影響するのか(上がっても下がってもおかしくはない、というか、両方の可能性があると思う)、そして生活は「健全化」するのか。興味深いところですね。ほかの塾はどうなのかなぁ。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2012-10-18 13:03 | 中学受験

<< 本番に強い子 東大合格者数と女子御三家 >>