人気ブログランキング |

ポカミス対策よりまず高速モード   

話は戻って、今回の中学受験の話。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←ここから、テストの受け方(気持ちの作り方)も重要になってきます

はなひめは、こじろうとはまったく違うし、またろうともやっぱり違うみたい…
テストのときの基本ペースは、まったり、途中まで、正確に解く(^^;;

解答用紙の途中まで、「きちっ」と正解が埋まった(んで、あと白紙)景色を見るに、いやーやっぱりまたろうとはとにかく違う。この正確性、生かしてやりたいけど。でもこれじゃ、間に合わないんだよねぇ(-_-;;

でも、おもしろいのが、「人よりずっと遅いペースで、でも正確」というシングルモードではなくて、実は、隠しで別モードも搭載されているらしいこと。たまにそれが発動すると、問題の全体に手をつけることができて(もちろんわからない問題とかはあるとしても)、全体の成績はぐーんとアップ、ただしポカミスもすごいことになる。

ポカミスの種類はいろいろで、
・計算ミス
・問題読み飛ばしミス
・選択肢にないものを答える(ア~オなのに「B」とか) ←これ得意技
・誤字脱字
などなど。

つまり、
・正確だけど遅いモード
・不正確だけど速いモード
があって、後者のほうが中学受験的には断然優秀なので、任意に切り替えができればよいのだが、どうすれば後者のモードに入るのかがよくわからない。危機感を感じたとき、焦ったとき、気分がノッテるとき、何かごほうびにつられたときなどに入ることがあるようだが、あまり再現性はなく、(本人であっても)入れたいときに入れられるわけではない。

これまで、何度かの波(高速モードに入りやすいかどうかの)があったが、おおむね五年の間のほうが好調で、六年前半のカリキュラムが走っている間、どうもずっと低調だった。だからもう、高速モードに入れようとすることはあきらめて、基本は低速モードのまま、過去問を使って丁寧に丁寧にチューニングして、それでなんとかしようかと思っていた。じわ~っと、「低速モード」自体の底上げができているようでもあったし。

もともと、第一志望校が無謀な設定じゃないので、それも別に非常識な線ではなかったんだけれど。

理屈はわからないが、夏休み明けから二度のテストが高速モードに入ってるので、これがもし本人なりの本気、あるいは成長なのだとすれば、すごいことだと思う。「テスト時間は高速モード」ってことで定着させたいので、ポカミスを削ろうという方向は、いまのところ奥深くにしまっておく。振り返るな、どんどんいけ!!

…ってことで、高速モード(といっても、人並みくらいの速度だけどね)が定着したら、次にポカミス対策(チェックルーチン組み込み)を考えようと思います。あるいは、どこかで低速モードに戻っちゃってあれあれ…ということもあるかもしれないけど。そうなったらなったで、また「地道なチューニング」路線でがんばろう。その場合でも、高速モード中に得た感触は、ゼロになっちゃったんじゃなくてどこかに眠ってると思うし。またいつか(中学受験は終わっちゃってても)役に立つでしょう。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-09-13 13:19 | 中学受験

<< セシウム入り給食の教育的側面!? スピードか正確性か >>