算数の予習効果はあったかな?   

算数の授業で「落っこちたまま」行くのはつらすぎるってことで、先生と相談したりしてたんだけど…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←あと五ヶ月たったとき。どんな気持ちでいるだろうかと

結局、対策として考えられたことは、
(1) ノートを取ることにこだわらず、ノートコピーをあてにして、聞くことに専念する。(←先生お勧め案)
(2) 夏期講習テキスト、各回の1ページ目を解いてから臨む。(←我が家案)
の二つ。これを併用することになった。

1ページ目を解いていっても、授業では2→3→4と続けてやってくれるのではなく、4→3→2とやるわけだから、どれだけ効果があるのか疑問だったんだけど、1ページ目を解いていくと、その分野のことを思い出すというのもあるし、なんとなく気構えが違うらしい。

ノートコピーはもらえるから、書くことにこだわらなくていいよ、とは言ってあるのだけど、ちゃんと聴いて授業にのれた、結果的にノートもちゃんと自分で追いついた!! ということが増えた。ノートコピーをもらうどころか、ノートコピーをゲットした!!(←自分のノートをコピー元にする、ノートコピー権をゲットすること) といって帰ってくることも(^^;;

へー、まぁそれならそれでいいけど。というわけで、あまりノートコピーに頼ることもなく、話し合いのあとはほとんどスムーズに授業が受けられた模様。別に全部の問題がすらすら解けたとかそういう意味ではないけど、授業からこぼれてる感はしなくなったらしい。よきかな(^^) ビバ予習!!

実際のところ、ツメツメの夏期講習の中で、毎日ノート・メモチェ優先で進めていると、予習が追いつかないことも多く、特に後半は、予習しないで授業に臨んだときのほうが多かったくらいなんだけど、なんだか授業に乗るコツをつかんだのか、予習をしなかった回も大勢に影響はないようだった。

なんだったんだいったい?? メンタルな問題だったのか??

まぁこの際、理屈はどうでもよろしい。本人的に、授業時間を無駄にしないで済むなら、それに越したことはない。

というわけで、夏期講習の残り期間は平和に過ごした。別にそれで、画期的に算数の成績が上がったとかそういうことはないけど、なんとなく、とれるはずのところはとれる率がじわっと上がったかな?? 難問を解けないのは相変わらずだけど、そもそもそこまで解く時間が残ってない(つまりスピードアップはできてない)からあんまり関係ない。

さらに夏休み終盤は、「計算と一行題」の間違いが減って、ノーミスクリアが続くようになった。

そんな感じに、地味~に、でも良い方向に、推移しているような気がします。後期の授業が始まるとどうかな…

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2012-09-03 09:31 | 中学受験

<< ちょうどいい緊張はどこにある 逆転合格を目指せる根拠 >>