人気ブログランキング |

学校の宿題ばっかり時間かけないで!!   

夏休みも宿題も夏期講習も大詰めの時期にさしかかってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←来週末は、もう通常授業が始まっている

ここでポイントなのは、大詰めなのは時期であって、宿題の中身はちっとも「大詰め」じゃなくて、本番はこれからであることです。

それでまぁ、自由研究、ポスターその他もろもろに時間がかかる、かける、ということに異存はないわけなのですが、それはそうとてモノには限度というものがある。自由研究のスケッチとか調べ物とかが、どんどん微に入り細にわたってきて、全体からの達成%を考えるとここから先、いったいどのくらいの時間がかかるやら…となったときに、さてあなたはどこまで耐えて見守れますか!?

ご想像のとおり、私はこういうものに著しく耐性がありません。自分自身はこういうことにかけては超絶得意で、いついつまでに何を仕上げなければならないとしたら、どんな手抜きが一番目立たないかを考慮した上でピッタリと全体を仕上げます。

それなのに娘が、全体の工程とかける時間のバランスを考えずに、ていねいに、ていねいに書き込みしているのとかを見ると、ものすごーいイラッと来るわけです。

しかし、そういう場合に、「ちょっとぉ、そんなに詳しく書くことないでしょ、さくっと上げて先にいかないと時間がいくらあっても足りないよ??」なんて言おうもんなら(事実ですが)、反発されること必定。こじれて大喧嘩に時間を割いたあげくに、意固地になられてよけい馬鹿丁寧に作業されるのがオチ。

…というか、すでにこの夏休み中、何度かそのような空しいバトルが展開されていたとかいないとか。

それで、今日はちょっと方向を変えて、今日(8/26)から金曜日(8/31)までの表を書き、
(一日を三分割して午前中/午後/夜としているだけの大雑把な枠で)
「この中で、どのくらいを学校の宿題に割きたいか書いてみて」
といってみた。

すると、「ここで自由研究、ここでポスター…」と記入しながら、「うーん、あんまり入れるとほかの勉強する時間がなくなっちゃうね」と、さすがに自分で気がついた様子。

記入された表の宿題枠は、「えっ、それだけで済むの?」という量で。どうやら、自分で考えた「あるべきバランス」というのは、余裕時間の半分くらいを学校の宿題に、残り半分くらいを勉強に使うということらしいが、これまでの作業ぶりを見るに、記入された時間で終わるように進めているとはまったく言えない。表を書いたところで、見えた時間に合わせて、進行速度を変えられるようであってほしいけど…難しいかなやっぱり。

それで、8/31については記入しないで、「予備日」ということでさりげなく取っておいた。最悪、この日は一日中、学校の宿題をすることになるかもしれないが…それはそれで正しい八月三十一日という気も(^^;;

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-08-26 16:43 | 中学受験

<< 悩まない塾選び 銀本をお迎えする準備 >>