人気ブログランキング |

勉強に効率を求めないという考え方   

私が、後期の塾スケジュール(社会の特別講座、日特、水曜日の算数)についてぐるぐる考えていたときに、よしぞうは言った。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←六年後半。集団塾のメリットもデメリットも大きくなる時期です

「そんなに勉強の効率を考えるんじゃなくて、集団塾のスケジュールのままで行ってさ、それで行けるところに行く(身の丈受験)のがいいんじゃない?」

…勉強に効率を求めないなんて考え方は、斬新すぎて私にはついていけないのだが、身の丈受験ってことなら別に異論はない。ただ、私は、同じ結果を出すなら、効率よく短時間勉強するほうがいいんじゃないかって思うだけさ。

というか、カスタマイズしない集団塾カリキュラムのままで、ほぼ本人の最高パフォーマンスが出せるであろうタイプ(例: こじろう)と、それじゃあんまり「いかさない」タイプ(例: はなひめ)と、両方の結果を「身の丈」と呼ぶのはフェアなのか!?

まぁこの際、別にこじろうとはなひめで「競争」しているわけではないから、フェアかフェアじゃないかなんてことはどうでもいい。

単に、はなひめという人材を固定して考えた場合に、
・集団塾カリキュラム極力カスタマイズなし
・集団塾カリキュラムにプラマイしてカスタマイズ
を比べた場合、ざっくりいって前者は親の介入が少ないところがメリット、後者は勉強の効率がよいことがメリット、と考えられる。

よしぞうがいいたいことは、今後(中学入学後)のためにも、親の介入を減らしておくほうが得策じゃないか、ということだろう。行く先の学校については、現状でも高望みをしているわけではなし、きりきり勉強させてるわけではなし(-_-;; カスタマイズして効率よい勉強をさせたところで、背伸びして身の丈に合わない学校に合格してしまう心配をしているわけではないはず。

それでまぁ、よしぞうがそう言ったからというわけでもあるようなないような、ともかく、手始めには、カスタマイズなし(塾の推奨どおり、取り取り)で六年後半を過ごそうとしているわけで、

・日特あり
・社会の特別講座あり
・水曜算数も当然あり

で行くことになる。

そうすると、やることが遅いうえに長時間勉強したくないときたら、毎日ノート、理科社会メモチェ、第一志望校(と、ちょこっと第二、第三志望校)の過去問をやる以外の時間は残らないだろう。

え? これが何を意味するかって??

「栄冠への道」および各授業の振り返りをほぼ全ブッチするっていう意味です…

そんな日能研生いるんですかね?
…振り返りなしの授業の定着度が限りなくゼロに近いという定評のあるはなひめで、そのやり方ってやっぱり…すごーく効率が悪そうなんだけど。これで志望校に届くんだろうか…親は楽でいいけど…

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-08-14 12:27 | 中学受験

<< 中受算数の輪郭 お盆休みの勉強スケジュール >>