人気ブログランキング |

中学受験範囲の半端なところはちょっと先取りしても   

21vertexさんのブログで「もっと先取りを!」という記事を読んでいくつか思うことがあったのですが、コメントにしちゃーあんまりにも長いので記事にします。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←狭い日本、そんなに急いでどこへゆく

中学受験で扱う範囲というのは、当然のことながら学習指導要領に定められた小学校の範囲に「なんとなく」縛られますから…ここでいう「なんとなく」ですが、もっと先のほうで扱う範囲まで食い込んで、「説明つきで」出題してしまうという荒業がないこともないので、この線引きはやや曖昧です。

小学校範囲しか知らないでもいいはずですが、もしちょこっと知ってれば、説明を読む時間がかなり節約できてテスト中の組み立てが楽になることでしょう。そんなことを配慮するからか、中学受験用のテキストは、すこーしずつ、小学校の教科書より先のことまで書いてあるのはご存知のとおり。

それで、結果としてどこで線引きをするにしても、「扱いが半端」ということはあるもので、なんか妙にわかりにくい…この先までわかってればなんてことないのに、ここまでで切られると余計わからないんじゃないかと。

最近いちばん思ったのは、電池や電球のつなぎ方と明るさ、電池の持ちのところですね。なんとなく、かゆいところに手の届かないような出てきかたをして、「こっちのほうが明るい」「こっちのほうが電池が持つ」と定性的な話をさせようとする。

それですっとわかる子はいいんですが、わからなかった場合(^^;; テキストの中では掘り下げた説明のしようがありません。もう、いっそ、電圧と電流と抵抗の関係をばっちり式で見せて、計算練習もしっかりさせたほうが。

…そんな感じに、電池のところはちょっと「先取り」(?)することで、なんとかカリテをくぐり抜けたわけです。

その他、気になるのは、文法の扱いが半端なことかな。文法用語はきちんと習わないのに、けっこうやっかいな識別問題があったり。

こじろうのとき、文法問題はさんざ苦労しましたから、今よりずっと詳しく説明していました。こじろうも理屈派ですから、ある程度ごりごりと整理したほうがわかりやすかったようですし。今のほうが、なーんとなく問題解いてるだけでなーんとなく当たってますからそれ以上追究してません。

逆に電池のところ、同様のカリキュラムだったはずですけど、何も私が意識しないうちに終了しました。問題はちゃんと解けてたと思います。あとから聞いたら、ほんとはなんだかよくわからなかったらしいですけど、中学に入ったらわかったようなので、それはそれでいいでしょう。

こう考えると、半端な扱いでなんとかなる、本人の得意分野ならスルー。
なんともならない、本人の苦手分野ならちょっと多めに盛る(先取り)。

ってことで、なんかヘンな話ですね(^^;;

同様に、□を求める、いわゆる逆算でわけがわからない場合は、もういっそ文字式をやっちゃうか?? というのは考慮の余地があるかと思います。やっぱりしっかり整理できるくらいの体系があったほうがむしろとっつきやすいという場合もあります。

結局、こじろうもはなひめも、特にそこについて先取りの必要性は感じられず(私の目からは、ですけど)、何もしませんでした。こじろうは算数が得意でしたから、日能研のカリキュラムのまま足し引きなしで問題なかったのですが、さらに「上」を狙う必要があった場合のことを考えると…どうでしょう? こじろうが解けないような問題が出てくると、どうしようかと思って私も見てみることがありましたが、別段、方程式を知ってるからすぐ解けるというような問題はなかったです。そんな単純な問題だったらこじろうにも(算数的に)解ける。もっと、図形のややこしいのとか、眼力やひらめきが必要とされるもので、だからたぶん、こじろうに方程式を教えてあっても、算数の成績がさらに上まで行けたというふうには感じませんでした。

はなひめのほうは、算数それなりに苦労してますけど、今度はあんまり(教えようと思っても)文字式をすらすら教えられる気がしないんですよね。本人の抽象レベルがまだ文字式に適切なところに来ていないというか。もっとも、はなひめが受けそうな学校の算数を見たところ、文字式が扱えてもそれで有利になるようには見えないので、どうでもいいんですけど。

というわけで、自分の経験からいえば、先取りが有効な場面、かつ、先取りが可能な場面ってかなり限られていると思うんです。実際それでなんにも困らないし。小学校のうちは算数的な解き方に限定されておくってのも、味というか、人生の糧だと思ってるしね。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-07-26 13:21 | 中学受験

<< ようやく今日から夏期講習 来年の夏休みに想いをはせる >>