人気ブログランキング |

「いじめ」の起きにくいクラスの特徴   

「いじめ」を支える構造として「傍観者」の存在が重要であることはよく知られており、「その場で黙ってみているのもいじめをしたのと一緒だ」という言い方もされます。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←いじめの少ない学校はどこ?

ただ、個人的にはかなり違和感ありますね。そりゃ、やったヤツが一番悪いだろうって。自分も怖くて何も言い出せなかった子は、まぁそういう弱さを持った子ということではあるけど、やっぱり何かを「した」のとは違うかなと。

しかし、傍観者を責めるか責めないかはともかくとして、「いじめ」行動の安定と助長に、傍観者の存在が深く関わっていることは事実。

先日、「なぜ、人は平気で「いじめ」をするのか?」(加野芳正著、日本図書センター)という本を読んだのですが、これには、「いじめ」について、その歴史から報道から、定義、分類、対策など、基本的なことが幅広く要領よくまとめられています。「いじめ」を考える出発点としてはなかなかお奨めの本です。

例えば、「いじめ」と「しごき・制裁」「けんか」「ハラスメント」はどこが似ていてどこが違うのか、とか。「いじめ」が小学校・中学校に多くて大学には少ないのはなぜ? とか。そういう、「周辺」と比較していく手法で「いじめ」とは何かがくっきりしてきます。

この本の中では、「いじめられっ子」「いじめっ子」「観衆」「傍観者」がいじめの四層構造として示されています。「観衆」というのは、手を出してはいないけれど、周りではやし立てているなど、積極的に見ている(面白がっている)子のことを指します。

このような、「観衆」「傍観者」のあり方が、あるクラスの、いじめの起きやすさを左右すると考えてみると、私の接した事例はどのように考えられるでしょうか。

またろうが三年生になるとき、クラス替えがあり、その後はいじめ行動が急速にしぼみました。新しいクラスでは、勉強もできてピアノも弾けて、スポーツ万能、明るいリーダー気質のAくんが、多数の生徒をゆるくまとめたグループを形成していて、「ハンパをするとAくんが許さないだろう」という雰囲気があったとまたろうは言っています。つまり、何か事が起これば、Aくん自身が「やめろよ」と言うかもしれないし、また、もし別の子だけが目撃していたとしても、その子は止める勇気を持ちやすいということがいえます。次のターゲットにされるかもという恐怖が格段に減りますからね。

しかも、Aくんのリーダーシップは運動会などの行事のときにも発揮され、そのクラスは比較的早い段階からよくまとまって練習を重ね、本番でもよい成果を出し達成感を味わいやすかったということがあります。いじめなんかしなくても楽しいクラスであれば、それはやはりいじめが減るでしょう。

それに対して、JGにあった「いじめの起きにくさ」はこれとだいぶ異なるように思います。第一、そんなわかりやすい多数派グループは存在しません。みんな好き勝手に、気の合う人とつるんで過ごしています。気の合わない人もいたでしょうけど、お互いいちいち関わりません。むしろ個人主義的…!?

個人主義といじめの関係はどう捉えたらよいでしょうか。この本の中では、集団主義が崩壊して、それに変わる個人主義が未成熟であるといじめが起きやすいと書かれています。JGの人たちの特徴として、「世間がどういおうが私は私の思ったことをする(いう)」というのが強くありますが、このことは傍観者群の形成を妨げます。

つまり、誰かが誰かをいじめているシーンがあったとして、「場の空気を読む」などの、自分以外の何かを行動規範にすることが少ないのです。この本の中では「内部指向型」人間と「外部指向型」人間という言葉が使われていますが、要するに、ダメと思えば、空気を読まずにそのように発言してしまいます。

また、この本の巻末にまとめられている、いじめ解決のためのヒント(ノウハウとまではとてもじゃないけどいえない)に「一人でいられる能力」というのがあります。つるんでいないと安心できない、仲間になりたい、友だちはゼッタイ作らないといけない、という心の縛りは、時にゆがみを生じさせることになります。パシリとして使われていてもグループから抜けられないなどです。ひとりでお昼を食べる、ひとりで教室移動をする、というようなことを、本人も耐えられない、あるいは周囲の目も冷たいということになれば、むしろその強迫的な連帯はいじめの温床にもなりますが、JG生はひとりで誰かがごはんを食べていても、なんとも思わないでしょうから、居心地の悪いグループから抜けることのためらいは減るでしょう。

というふうに、「いじめの起きにくいクラス」の特徴というのはいろんな形がありうるようですが、それにしても、整理してみることができます。学校を見るとき、そしていじめが多いか少ないかを想像するとき、いじめの構造を知っていれば、多少の参考にはなると思います。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-07-18 13:28 | 中学受験

<< メモチェの季節がやってきた!! 中学受験より大学受験で伸びるタ... >>