微妙に成長している(脚力が?)   

親としては、子どもの成果を見るのに、つい成績一覧を見てしまいますが…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←生活→塾生活→カリテ→公開模試(成果の波及順)

今日は、マイニチノウケンでなく、自分のメールの「キッズセキュリティ」フォルダーを見てみました。これは、はなひめが塾に到着したとき/塾を出るときに、カードを「ピッ」とすると、親宛にメールが飛ぶものです。似たような到着時刻がずらーっと並んだメールフォルダーってことになります。

平日に塾があるときは、16:50開始となりますが、これ、六時間目まで授業があるときは、はなひめにとっちゃけっこう厳しいらしい。

学校から帰ってきて…
一息ついて(麦茶とか飲む?)
支度して(携帯は入ってる?)
駅までは歩き。

電車に乗ると…

塾には「3分遅刻」というのが定番で(-_-;;
もう一本、早い電車に乗れればいいんだけど、ここの間隔がかなり長くて、それはなかなか乗れない。

という状況が続いていたんだけれども、ここんところ、変化が見えてきました。

3分でなく1分遅刻、とか
さらに1分前、ギリセーフ、とか
ぐっと余裕の到着のときも。

これは、
> 一息ついて(麦茶とか飲む?)
> 度して(携帯は入ってる?)
部分の短縮により、前の電車に間に合うことがあったり、あと、いつもの電車でも、降りてから走ることによって間に合わせたりしているからのようです。

走るのってどうなの? というのもあることはありますが、母としては、本人が「急いでなんとか間に合わせよう」と考えるようになってくれたこと自体が、とってもうれしい。

あと、塾の往復で、重い塾バッグを背負って走ったりしているせいか、体力がついてきて、「シャトルラン」(体力測定の種目)も去年よりだいぶ向上したそうです。まぁ、体力も大事だよね。

勉強の態度は、まだまだのところが多いですが、何ヶ月か前と比べると、
・親がいない間に、計算を済ませておく率が微妙に増えた。
・短い時間で集中して問題1ページをこなせる率が微妙に増えた。
・わからないときにぐずぐずいったり、ブチ切れたりする率が減った。
・忘れ物の率が微妙に減った。
・親に言われたからではなく、それは「必要だよね」と自分で納得して行動することが微妙に増えた。
・朝勉で、間に合わせのものでなく熱心に自主勉強をやっていることが増えた。
などなど、なんとなーく(ほんと、なんとなく。「微妙」が多いけど)、フェーズシフトがあったのかなと感じることが増えてきました。

こじろうが、すんごいわかりやすく盛り上がったり冷めたりするのとは好対照で、すべての変化がじんわり、ゆっくりです。長い目で見ないと見落としそうです。細かくみると、日によるムラがありますから誤差に埋もれてしまいますが、本人の数ヶ月前と比べれば、ちゃんと成長してることがわかるんです。

子どもは、大人と違って、成長途上の生き物ですから、中学受験をするしないに関係なく、数ヶ月たてば成長はするはずです。でも、中学受験というプレッシャーがあるからこそ、成長が大きくなる部分というのもあって、そういう自然な伸びが(勉強上のことであれ、生活上のことであれ)生まれやすくなっている状態が、「ちょうどの受験」というものかなと。

やや盛り上がった気分で、夏を迎えられるといいなと思います。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2012-07-08 10:24 | 中学受験

<< 夏期講習テキストの分厚さとリセ... 白馬に乗った王子様が現れるのではない >>