人気ブログランキング |

白馬に乗った王子様が現れるのではない   

志望校を決めるために、あちこちの学校を回っていると、「あっちはここがいい、こっちはここがいい、どこも気に入っちゃって困っちゃう~」という人と、「あっちはここがダメ、こっちはここがダメ、どこも気に入らなくて困っちゃう~」という人、両方のタイプがいると思います。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←だんだんと惚れていくのもアリなのよ

どっちのタイプも、お気持ちはとってもよくわかります。だって、よいところばっかりの学校というのもないし、悪いところばっかりという学校もないものでしょ。

近くて、緑がきれいで、校庭が広々していて、○○部があって(その部は強すぎず弱すぎず)、できれば給食があって、もちろんわが子が入れそうな難易度で、大学合格実績はよくて、でもみんなのびのびゆったりしてて、宗教がなくて、でもポリシーがしっかりしてて、女子校で、制服がかわいくて…とか(笑)

ただ条件を羅列したってしかたありません。だいたい、思いつく限りの条件をすべて満たす学校なんてないものだし、条件がそろっているからって幸せになれるってもんじゃありません。結婚するときだってそうじゃありませんでした?(^^)

子どもに勉強させておきさえすれば、白馬に乗った王子様(=理想の私立中)が現れて、お城へ連れて行ってくれる(=幸せな未来)、そんなことはありません。

およそ、子どもと進学先の関係というのは、結婚に喩えてもいいし、あと、「先生はえらい」の話のときに書いたみたいに、師弟関係や友人関係に喩えてもいいかもしれませんね。

相性というのは絶対あります。あるんですけど、「ぴったりくる何か」があって、惚れることができれば、あとはいろいろ欠点があってもかまわない。「ハンサムがいいの」などと、当初は一番だいじだと思っていた条件が満たされていなかったとしても、実際に学校生活を過ごす上では、案外そんなことどうでもよくなっちゃうかも。

いったん「チャネル」が成立すれば…学校の場合でいえば、この学校でよかったーと思える好きな部分があって、日々の生活が生き生きしていて、基本的に楽しく通えるってことでしょうか…友人との関係も良好になりやすく、学習も成立しやすく、その他もろもろ、学校からどっぷり「人生」の基礎を学び取ることができます。

あんまり、ここがダメあそこがダメと、あら捜しするマインドが先に立ったら、チャネルは成立しないでしょう。

あるいは逆に、惚れこみすぎて、盛り上がりすぎて、「これは白馬の王子様だ」と思って入学したら、そのあと何か気に入らない点を見つけて、一気に幻滅なんてことになれば、これまたチャネルは成立しないでしょう。

それならば、そういう「チャネル」が成立するような相性のいい学校を高い確率で選ぶにはどうしたらいいか?? というと、それがやはり、学校のデータを確認し、実際に何度かその学校に足を運び、公式ポリシーを聞き、空気を感じ取ってみるということなのだと思います。「この人とならやれる」と直感し、決断するに至るかどうかの判断のツボ、線引きってのは人それぞれでしょうけど、それがまぁ結局のところその人の実力です。

ここでどのくらい「鼻」が利くかは人によって違うと思います。実は、鼻がよくなくても、問題ない場合もあります。それは、鼻が利かなくていまいちの相性のところに進学してしまっても、うまく「惚れる」力や人間関係力、あるいはいい意味での鈍感力が親子ともに高い場合、そこでちゃんと「チャネル」成立に導くことができるってことです。これもまた、人生における(親と子の)実力です。

一つ目の実力と、二つ目の実力のどっちが大事かといえば、そりゃもちろん後者です。バランスが取れているにこしたことはありませんが、最終的に幸福の決め手になるのは後者です。究極的には、後者にとても優れていれば、ぶっちゃけ公立中に行ってもうまくやれるってことになります。

うちは、なんとなくどちらの実力も「そこそこ」程度かな? ちょうど、私立向きかと思います。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-07-06 13:15 | 中学受験

<< 微妙に成長している(脚力が?) 真空弁当箱と、あとひとつ。 >>