人気ブログランキング |

中学受験の勉強は一年で充分!?   

本日の記事のタイトルとして書きました「中学受験の勉強は一年で充分!」という扇情的(?)なオビがついて売られている本があります。「「子供のために」を疑う」(二神能基、朝日新書)という本です。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←後伸びするための中学受験

この著者の経歴は非常におもしろくて、中学受験塾経営を長年やったあと、ニート支援のNPO法人を設立した人です。つまり、自立に向かわない青年たちを多数面倒見ているうちに、中学受験きっかけで親子関係が壊れたというケースに多数遭遇したのを踏まえて、行き過ぎない中学受験を提案しようとしているのですね。

この本全体は、「10代の子供を伸ばす7つの知恵」という副題がつけられているように、思春期の子育てについて述べることが中心となっているのですが、とっぱなの第一章は丸ごと、中学受験の話に割かれています。

曰く、「中学受験の勉強は、「小学6年生から」で充分」。

最悪なケースというのは、親主導でがりがりやらせて「えいや」とめいっぱいのレベルの中学に押し込んだものの、本人はもう燃え尽きてて勉強する気はナッシング。ぎりぎり合格のうえ、やる気もないとくれば当然あっという間に深海魚になり、とてもじゃないけど「難関中学の名前につりあう」大学なんかは入れるわけもなく、でも本人や親の半端なプライドだけは引きずっているという状態です。例えば。

そう書いてしまうと、作られたステレオタイプという気もしますが、実際、この人が接してきた親子で、中学受験から深海魚、そして親子関係もぎくしゃくしているパターンがそれなりに多かったのでしょう。

いうまでもないことながら、中学受験のあとうまく成長したパターンだと、この人のところには来ないわけなので…

それで、この人の提案する中学受験はどういうものかというと、
・五年から、小規模塾でぼちぼち勉強を始めて
・六年で、中学受験塾に入る。
・余裕を持って入れそうな中学校に進学する。
というプランです。

確かに、その場合は深海魚になる可能性は低そうですが、それは要するに、本人のポテンシャルよりだいぶ低いところにしか行けないことが多いからといえるかもしれません。そんなに上限を狙う必要もないですけど、あまり極端に「ゆとり」だと、私学に行く意味が半減してしまいそうですが。

私の見るところ、上記のプランが現実的によいプラン(ほどほどのところに合格する)として成り立つためには、いくつかの前提があるように思います。
・この人の経営していた塾は地方(愛媛県)にあり、東京圏とは事情が異なる。
・小規模塾というものが、本人の適性や特徴を見て、きめ細かく指導ができることを仮定している。
・短期集中でガッツを発揮する、がんばれる子であることを仮定している。

あと、中学受験塾に六年から入塾できるか、できてもついていけるかというのも難しいところだと思うのですが、この本には
「(周囲はもう総復習に入っているということで戸惑いもあるだろうが)しかし、私の経験から言えば、その戸惑いや緊張感が、子供の潜在的能力を引き出す場合が多い。(中略)前半こそ焦りもあって暗い表情をしていますが、夏休みに入る頃くらいから、成績の上昇とともに表情がリアルに変化してきます。」
そして成績がグンと伸び、伸びを体験することでさらに勢いがつき、志望校中学合格後も順調に伸びていく場合が多い。というのがこの著者の主張です。

どうですか?

私は、うーん、、趣旨としてはわかるけど、状況により、子どもの能力と性格により、合わないケースのほうが多いように思います。あとね。後伸びするための条件には、「勉強をやりすぎず、嫌になっていない」ことのほかに、「勉強が少なすぎない」ことも重要だと思うんです。

つまり、中学に入ってからの勉強が楽しい、そしてやったら伸びる、というためには、基礎学力、基礎知識、そして勉強をすすめるコツというものが必要ですから。中学受験勉強をじっくりしっかりしたからこそ、その後の勉強が楽しくて身になるって面もあるんです。六年からだと、よほど要領よくできる環境と能力がなければ、突貫工事的になっちゃわないでしょうか。

ということで、この著者の提案をそのまま受け取る必要はない(受け取ることはできない)と思いますが、とにかく中学に入れればいい、というのではなくて、その後に伸びるように受験するという視点はしっかり持っておきたいですね。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-06-28 13:04 | 中学受験

<< 部活で青春!! 公立中高一貫校という選択 >>