人気ブログランキング |

「科学のふろく」の時代   

今週の理科は、電圧・電流・抵抗のところなんだけど、どうも扱いが半端で(本格的にやるのは中学以降だから?)、簡単にふれているというよりは余計謎めいてしまっている。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←「科学」「学習」とってました?

はなひめは大混乱に陥ってしまっていて、電圧って何? 電流って何?? 状態でほんと困ったもんだが、ちょっと試してみせようかと思っても豆電球とか手元にないし…買ってきてもいいけど、週末に買いに行ったんじゃカリテには間に合わない(-_-;;

昔々、私が小学生だったころ、引き出しにはごっちゃりと豆電球・電池・電池ボックス・銅線・ニクロム線・モーター・試験管といったものが詰まっていた。あの引き出しが今あればねぇ。なんでそんなものを持っていたかというと、「科学のふろく」。学研の「科学」は一年生の五月号からずーっと毎月買ってもらっていて、その付録は全部取っておくと膨大だから捨ててはいたんだけど、「使えそうな」パーツはバラで保管していたのだった。

そのころの「科学」という雑誌のステイタスは今とはまったく異なり、というか「科学」そのもののステイタスがそもそも違うような気もするが、とにかく「科学」のふろくはかっこよくって、毎号わくわくして待っていた。

かっこいいといっても「チープ」な感じは免れないけれど、それでも、「小学○年生」の付録のような、厚紙に割りピンなんてものではなくて、プラスチックとかでしっかりしていて、ほんとに使えるところがよかった。子ども自身がいじり壊しても怒られないもので、ほんとに使えるもので、しかもシンプルでわかりやすい。試すと、ほんとにいろんなことか「わかった」んだよね。

電池のいらないラジオ(ゲルマニウムラジオ)がついてたこともあった。嘘みたいに簡単な構造がむき出しで、しかも電池もなしでほんとに電波を捕まえて音がでる感動!! ベランダの物干し竿にアンテナを這わせるとなかなかよく聞こえた。

手元に「科学のふろく」(ブレーンバスターズ編、太田出版)という本があるのだが、これをみると、同じ「ラジオ」のふろくでも、年代によって変化があることがわかる。1968年、1977年のラジオは「ゲルマニウムラジオ」で、1977年のほうがちょっと箱がかっこよくなってるくらい。いずれもコイルむき出しスタイル。

それが、1989年になると「ペン型ポケットラジオ ペポラ(?)」となり、これは乾電池要のICラジオ。なぜペン型なのか!? 箱に書かれたコピーは「ペンてこりんな音もだち」…。さらに、1993年(またろうの生まれた年だ)になると、同じくICラジオで、コードレスホンの形をしたラジオだ。イヤホンでなく、スピーカーになったってことでもある。

小学生が生で触って体験するものとして、ゲルマニウムラジオじゃなくてICラジオになっちゃったことって、端的にいってこの国の「不幸」だと思うんだけどどうだろう。だって、わくわくしないじゃない。ICなんて逆立ちしたって自分の手じゃ作れないしさ。コイルなら巻けるけど。

ラジオ以外もおおむね同様。80年代、90年代になると、物事の本質は覆い隠されて、その分、「飾り」の部分が増えるのだ。ラジオでいえば(なぜか)コードレスホンの形だったり、電磁石も「もみもみサウルス」(かわいい恐竜のかたち!)だったり、磁石の実験セットが「おばけランド」だったり。

私の小学生時代は、「科学」の黄金期だったのだろう。60年代に比べると、プラスチック加工の自由度は増えてふろくがかっこよくなり、それでいてむき出しのパーツがシンプルに差し出されている。その後はどんどん、おもちゃ化、意匠化していって…気がついたら、おもちゃにしちゃ「ちゃちい」よねという雰囲気になっていったのではないだろうか。

科学のふろくの魅力は、「お化け」や「占い」にあるのではなくて、やはり「試験管」「電球」「コイル」などの、そこにある、みえる、わかるパーツだと思う。けれども、身の回りにあるものがどんどん高度化して、まさかテレビを分解して遊ぶ子どもはいないし(笑)、仮に見たってわけがわからない。子ども時代のファインマンさんがタダ同然のラジオを買ってきては修理して使っていたころとはわけが違うのである。

「科学」も、シンプルなものをむき出しに提供してももはや子どもをひきつけられなくなり、かといっておもちゃ的に転換を図っていっても、それはもはや「科学のふろく」ではないというジレンマに陥って、廃れてしまったのだろうか。

変わったのは「科学」だけではなくて、子どもを取り巻く環境自体が変わっているからどうしようもない。我が家では、第一子(またろう)が小学生になるのを待ちかねて、「科学」を取ってやったけれども、もはやまたろうですら(昔だったら間違いなく科学のふろくにハマっていただろう人材)、科学のふろくにはそんなにのめりこまなかった。ほかにアトラクティブなものがいくらでもあるから、というか、もはや科学がアトラクティブにみえなくなったから、というか…

あ。なんの話だっけ。。今回のカリテ(理科)困ったな、って話でした(^^;;

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-06-20 12:58 | 中学受験

<< 中学受験をしない場合の塾選び 中学受験をしない場合の勉強法 >>