人気ブログランキング |

朝勉のゆくえと学校の宿題   

朝、余裕を持ってサワヤカに目覚めて、ごはんと着替え。学校に行くまでの間に、定番勉強の計算と毎日ノートを済ませ…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←学校の宿題のためならがんばって起きられるというのはすばらしいことかも

という光景にあこがれて、あの手この手で誘導したこともありましたが、もうとっくにあきらめました(-_-;;

おそらく、受験が済むまで結局、そのようなリズムになることはないだろうと思います。

まずひとつの問題は、そのように起こせないこと(^^;;

うちは、特に就寝が遅いほうというわけでもないようですが、なんだかんだで10時半とかが標準です。そうすると、朝7時とかにはなかなか起きられない。勉強はしないとしても7:30くらいに起きないといけませんが、それにしてもまだ眠いらしくてなかなか起こせません。

そんな状況で、「今起きないと『計算と毎日ノート』ができなくなるよ」…そんなんで、がんばって起きるわけがありませんがな。

もうひとつ。仮に、うまく起きた日があったとしても(たとえば、「今起きたらプリン♪あるよ」などといって起こす)、朝のぼやけた頭でまともに計算ができるかっていうと別問題です。どうも、今までの経験によると、計算とか毎日ノートとかはかなり不向きなようで。

ということで、朝にはもうすっぱりと、受験のための勉強を入れるのはあきらめ、学校の宿題専用タイムということにしました。どのみち、どこかで宿題をやる時間をとらなくてはいけませんしね。

「今日、学校に持っていかなければいけない宿題」があると思うと、起きるにも気合が入るらしいです。一度目に失敗しても、二度目に起こしたときには時間をみて「あぁぁ~」と慌てて起きて、ごそごそと宿題のドリルなどを引っ張り出す。

ごはんも着替えも後回しにして真剣に漢字練習などに取り組んでいる様子は、
…そこまで集中できるんなら、計算だってできるのでは…
と思わなくもないですが、要するに本人がその気になるかどうかって話ですね。

ここまで、はなひめをやる気にさせる、学校の宿題ってすごい(o_o)

宿題がすごいのではなくてね。なんの変哲もない、ありがちな漢字ドリルとかそんなもんですが、それはやはり学校の先生との関係によるものなのでしょう。

ちなみに、学校の宿題の中身は、漢字の練習のほかは、あまり出ていないようです。ただし、「自由勉強」を提出することになっています。トータル一時間くらいは勉強しようねという趣旨だそうです。漢字で15分使うとすれば、あと45分ぶんですか。

先生は、塾の勉強でもいいといってくださっているそうなので、「毎日ノート」を持っていったりしたこともあるのですが、「毎日ノート」を提出して、その日に返してもらいそこねたり、はなひめが持ち帰り忘れたりすると面倒です。コピーを取ってもっていったりすることもありますが、鉛筆の字が薄かったんで設定を変えて取り直したり、なんだかんだでばたばたと、朝の忙しい時間にはけっこう面倒。

それに、本人がやっぱり塾宿題っぽくないものを持っていきたいということで…「カリスマ先生」の本からまとめノートを作ったり、慣用句を単語カードに書き出したり、はなひめが自分で考えた勉強をしていることも最近は多くなりました。

朝の勉強に関しては、何分取るか(つまりどれだけ余裕を持って起きるか)、何をやるか、どうやるかなどすべて私はノータッチ。中学受験のスケジュールとしてはぜひ「計算と漢字」に回したいようなゴールデンタイム(他スケジュールに左右されない固定枠ですからね)なのかもしれませんが、我が家では現実路線で、学校の宿題タイム。今後もこのままいくでしょう。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-06-18 13:18 | 中学受験

<< 中学受験をしない場合の勉強法 ある公立中のいじめとその収束 >>