人気ブログランキング |

ある公立中のいじめとその収束   

子どもが六年生になると、公立中の見学&説明会というのがあります。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←公立中のカラーは一期一会。入ってみなくちゃわからない。

つまり、またろうが六年生のとき、近所の公立中の授業参観を初めてしたわけです。自分の子どもはいないので、ランダムにいろんなクラスを見て回ったのですが、あるクラスの、授業ちょい前の休み時間に入っていったとき、またろうの幼馴染のAくんが目に入りました。

Aくんの筆箱を別の男子が取り上げていて、Aくんがのろのろとその男子のところへ行くと、近づいたところで別の男子にパスされます。以下繰り返し。その筆箱回しに興じているのは、男子5,6人。ようやくAくんが筆箱を返してもらい、自分の席に戻る途中では、ちょいと足を引っ掛けられてよろめいたところで、また嘲笑を浴びたりして。

Aくんが自分の筆箱を抱えるように席に着いたらほどなく、先生登場。何事もなかったかのように、授業が始まりました。実際、何事もなかった(ととらえられている)のだと思います。他のクラスメイトは彼らにまったく注目することなく談笑していたし、私ほか数人の大人が教室にいたにもかかわらず、筆箱回しはまったく隠すでもなく逆に誇示するでもなく、ごく日常として行われましたから。

あのようなことは、いじめといわずからかい・ふざけと呼ばれる場合もあるかもしれませんが、ひとつひとつはそういう単発の、ちょっとした暇つぶし、ストレス解消であっても、特定の子が、多数の子のイライラを受け止める係に固定されていたらどうでしょうか。つまり、ちょっとつけ込みやすい…ちょっと動作が鈍かったり、気弱で反撃しないタイプだったりする子。

Aくんはまたろうと幼少時よく遊んでいましたので、私もよく知っていますが、そういう意味でよく似ています。またろうの今後を見るようで暗澹たる気持ちになりました。

しかし中一、入ってすぐはあまりそういうことがなく、よく「事件」が起こるようになったのは中二になってからです。中二になると、心がざわつきやすく、一般的にトラブルが起きやすいようですが、担任が気弱でなめられるタイプだったのが拍車をかけたようです。起きたことは、ジャージがゴミ箱に捨てられる、靴の中にハチミツ、石を投げつけられる、などまさにイライラの発露という感じのことで、相手はたぶんその都度いろいろ。特定の子やグループから受けているものではないようでした。

運動会のとき、またろうは三人四脚に出ることになっていましたが、当日見に行ったら、そこにまたろうの姿はありませんでした。出場するため列に並んでいるときに、「おい、代われよ」といって別の子が出たというものでした。そのあと私とよしぞうで担任の先生と、これまでのあれこれについて話し合いを持ちました。先生は、いじめ対策をするということを約束してくれましたが…

朝礼のとき、校長先生が、「いじめは絶対にやってはいけない」というスピーチをされたそうです。
(親向けには、そのように全員に話をした、という「いじめ対策について」のプリントが配られました)

…ま、それで何かがどうなるわけはないので、中二の間はずっとそんな調子でした。私の知る限りでは金品のゆすりや、跡の残るほどの暴力はなかったようなので、程度としては「たいしたことない」と分類されるのかもしれませんが、とにかく本人にとっては、クラスが落ち着ける場ではないわけで、ほとんどの休み時間は図書室に避難していました。

中二の最後のころは、微熱が続き、欠席がちになりました。これから先、どうしよう?? と詰んだ状況になったところで、春休みに突入できたのはほんとに不幸中の幸いでした。

中三になるときはクラス替えがあり、どうやらそれについてはいろいろな配慮がなされたようです。学年主任の指導力がある先生、明るいリーダー気質でスポーツマンかつ学業優秀のBくんがいるクラス。そこに、またろうと、もうひとりよくいじめられていた男の子が入りました。

クラスが替わってからはいじめが激減しました。またろうがいうには、「ハンパをするとBくんが許さないだろう、ってみんな思ってるからじゃないだろうか」とのことです。あと、先生のにらみも効いているのかも。
(また、一般的に、二年生より三年生のほうが落ち着くようです)

三年生の運動会では、クラスのまとまりもよく、熱血青春の競技風景が見られました。またろうも予定競技に漏れなく参加していました(それがふつうですが)。障害物リレーでは、足のおそいまたろうが、はしごくぐりや網くぐりでタイムを稼いで辛くもトップでバトンをBくんに渡し、Bくんは余裕でトップのゴールイン!!(^o^)/ 競技の合間に、またろうがごく自然な様子で級友と談笑しているのもうれしく…

卒業のときには、よい思い出もたくさんできた中学校生活だったようで、ほんとうによかったです。いろいろあって、それをくぐり抜けて、収束させたというのは人生の中で、よい経験であったといえるのでしょうか? あるいは、はじめからそんなことがないほうがよいでしょうか? 私は、選べるものなら、またろうにも平和な中学校生活を送らせてやりたかったです。毎日まいにち、自尊心がすり減らされていく日々…そんな経験、しかも中学生に、買ってでもさせたいと思う人はいるでしょうか。

(女子の状況はこれとはまたまったく別で、濃い人間関係が崩れてトラブルになることが多いそうです。)

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-06-17 11:08 | 中学受験

<< 朝勉のゆくえと学校の宿題 ユリウス個人面談つまり夏期営業 >>