人気ブログランキング |

解けない問題   

月曜日のユリウスで、いつもは算数授業の振り返りと「栄冠への道」少しとかをやってもらうんだけど…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←テスト直しが当日に終わらなかったのがそもそもいけないんだけどね

ちょっと日曜日に遊んでしまって(-_-;; 算数のテスト直しができなかったのでそれをお願いした。
「ちゃちゃっと直しを済ませて、なるべく栄冠への道もやってね♪」

…ところが。栄冠への道に手をつけられなかっただけではなく、なんとテスト直しも終わってないというのである。ひとコマ90分。何やってたらそうなるの??(o_o;;

まず、計算ミスなどで間違えた問題をいくつか直して(これは自力でできる)…これはそんなにかからずにすぐ終わる(当然だ)
それから、解き方がわからなかった問題にいくんだけど、まぁちょっとは考えてみるとして、やっぱりわからないってことになれば、ちゃちゃっと解き方教えちゃって、こんなふうに解くのよ~と観賞させて終わり。後ろのほうの問題で、さらにわけわかんないのがもしあればそんなのは飛ばしてしまえばよい。

家で直しをするなら、テスト直し算数にかかる時間は、30分から、せいぜい悩んで1時間?? いや1時間でもかけすぎだと思うけどね。90分はないでしょうが。

ところが、自力で解ける問題を解いたあと(これは、サクサク済んだ)、先生が解き方をレクチャーしようとしたところ、解き方がわからなかったんだって。それで、考えてたら時間が終わっちゃった

ありえねぇー(-_-# ユリウス行く意味ないじゃん。
「解説見ればよかったんじゃないの??」といったが、解説には載ってない問題だったという。

じゃ、簡単な問題なんじゃないの。って、見たらば、「応用」でなく「共通」の問題。
先生が「角度はわかるけど、小学生の解きかたが思いつかない」っていったとかで…
けど、そんな難しいわけないよね。あくまで「共通」。

それで、私がその問題を見てみたところ…うっ…どうやって解くんだこれは…

「ほらね、お母さんだってスグわからないじゃない」とはなひめにつっこまれたが、私は
「いや!! お母さんはね、算数の問題をなんでもスグ解けるっていってるんじゃないの!! 自分が考えてる間、はなちゃんをずっと待たせておいたりしないで、その間、強化ツールか栄冠の、自分で解ける問題を解いててもらうようにするからいいのよっ!!」といばっておいて(汗)、さてどうしようかと思ったところ、

ちょうどよいところにこじろうが帰ってきた。「あぁ~こじろう、これお願い。」

中学受験の問題で、小学生の解きかたを考えてもらうなら、我が家でもっとも適任はどう考えてもこじろうだ。またろうが、「なになに?」とか言ってきたけど、キミはsin cosとかいいかねないから見なくてよろしい。

ところがこじろうもスグにはわからなかったんで、よしぞうも参戦。それで、悩むのは二人にお任せして私はバイオリンの練習をしているうちに…けっこうかかったけど解けました。謎が解けてよかった。正答率は2割くらい、別に超難問ってわけじゃないけど、大人のほうが頭がシカクいのかもね(と、ユリウスの先生と私とこじろうとよしぞうの分をまとめて言い訳してみる。

それにしても、ユリウスには、カリテの問題の解答で、生徒がもらうやつよりもっと詳しいのがおいてあったりしないってことでしょうか。こんな展開じゃ困るんだけど…いや、百歩譲って、解けなくてもいいから、単にその間なにか作業させておいてくれればよかったって話。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-05-22 12:41 | 中学受験

<< 昼夜弁当に備え、真空弁当箱 家庭教師をお願いしたときの話 >>