人気ブログランキング |

家庭教師として…親として…   

ぼちぼちとさんからお題をいただいたので、家庭教師についての話を少し。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←家庭教師にフォローしてもらいたいと思ったことある?

学生結婚してから、就職するまでの二年間、主な収入源は家庭教師だった。センターみたいなところは通さず、口コミでもとぎれず仕事があった、バブル華やかなりし頃。お値段も、学生ではちょっと考えられないくらい、いただいてました。恥ずかしくてここには書けません(^^;;

Aさん: 初仕事。中一。勉強が嫌いで嫌いで…という依頼により、主に学校の補習。「先生は好きだけど勉強は嫌い」という本人の拒否により、二ヶ月でおしまい(-_-;;
Bさん: Aさんの従姉妹。高三、大学受験。英・国・理はできるが数学がどうしょうもないという依頼。最初は糸口がつかめずどうなるかと思ったが、計算力強化の戦略が当たって、高三秋から急上昇、無事、第一志望の千葉大理学部に合格。
Cさん: Bさんの知人。高二から、大学受験。同じく、数学ができないという依頼。こちらは、役に立ったような立たないような…ある程度は良くなったと思うが、もとから他の科目がすごくできる子で、たぶん私が何もしなくても結果は同じだったと思う。東大文二合格。
Dさん: 中二。国立大付属に通っていたが、成績が足りず高校受験予定。素直でまじめだがぼんやりまったりした子で、最初一年くらいは手がかりがつかめず成果あんまりなし。そこから、Bさんでうまくいった計算力強化戦略を糸口に、本人の急な成長(歯車がかみ合った??)もあって中三秋から成績急上昇。中の成績をどうにかするには間に合わなかったが、高校受験は第一志望合格。
Eさん: Dさんの妹。別の国立大付属に通っていたが、成績は問題なく、いちおう学校の補習という依頼だったが、特に何かをする必要がなかったともいう。
Fさん: 中学受験。小三から週三回とか四回とか塾に通っていたのだが、成績低迷でどうにもならないということで小六秋からの依頼。私なりに工夫はしたけど何か画期的にどうなったというわけでもなく、でもなぜか結果は望外のところに合格したので感謝された。そのまま中一の半年くらい学校の補習をして終了。

私としてはまじめに仕事をするつもりではあったのだけど、今から考えればほんと何の人生経験もない学生。家庭教師をするなら、子どもの状態をつかみ親の意向を汲み取り、プランの提案・説明から納得を得て、迷いがあるなら相談に乗り…と、自分がテスト問題を解けるかどうかではなく、まずはコミュニケーション・スキル、調査能力、それから子どもの気持ちをのせる持っていきかたとか、挙げればきりがない多岐にわたるスキルが必要だと思うんだけど。ぜんぜん、まったくそんなものは持っちゃいなかった。

今だったらねぇ…いろいろやってみたいこと、できることもあると思うけど…

そのころは、またろうも、こじろうも、はなひめも、育ててなかったんだからそりゃ(^^;;

よくぞ、学生風情に多額のお金を払ってお子さんを任せてくれたものです。はっきりいってぼったくり。そんな戦略に乏しい家庭教師でも、うまくいくときはいくというところが相性の面白いところで、やっぱり一対一でじっくり見るというのは、煮詰まっているときになんらかのブレイクスルーができることは、可能性としてはあると思う。

それで、じゃあ人生経験積んだ今となれば、うまく子どもに勉強を教えられるかというと、それはやっぱり。

他人じゃないから…

こっちも感情的になることもあるし、あっちもこっちに「他人としての礼儀」を尽くしてくれないわけだから、こりゃ難しい。けど、魔法のように、ぴったりの家庭教師がみつかるとも思わないしね…

勉強の仕方もしっかりわかってて、かつ、またろう族の子育て経験もばっちりある、ばっかいず世話係さんみたいな人が来てくれたらねぇ(^-^) と夢想したり。もちろん、本業と子育てが忙しくて、来てくれるわけないけど。でも、ばっかいず世話係さんも同じ気持ちらしく、私が、「リストラされたら家庭教師として雇ってください」といってみたらば

即、リストラされてください!!

って言われた(笑)

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-05-17 21:08 | 中学受験

<< 今年の手帳、記入できるだけ記入しとこ 毎日ノートの功罪 >>