人気ブログランキング |

NHK基礎英語1が難しくなってますね   

これまでNHK基礎英語の1,2,3がちょうど中一~中三に対応しているイメージで、こじろうも、そのとおりに聞いてきた。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←今は英語の先取りどころじゃないけど

それで、高一になったら何がいいのか、あまり明らかではないけど、とりあえずまたろうのときの例(高専入学と同時に、学校から「ラジオ英会話」を聞くように勧められた)を「参考」に、「ラジオ英会話」を買ってきてホイと渡してみたけれど…

なんか、勝手が違う。

出身地を聞くときって"Where are you from?" でええんちゃうん? "Where's home for you?" って聞いたことなかったわ。
"Join the club."って、文字通りの意味(^^;; じゃなくて、「あ~、テスト勉強忘れてきた!!」「こちらも同様(Join the club.)」というふうに使うんだそうだ。ほーなるほど。

いやもっと、ふつうの(?)表現や単語知らないから、ベーシックなやつでいいんですけどね。なんか、リラックスしたネイティブスピーカーの学生同士の会話についていけるようにしよう(留学用!?)という感じでしょうか。

またろうのときのはこんなじゃなかったな。確か。まぁ、またろうはその数年前の英会話でも、あっという間におっこちて、聞かなくなったんですけどね。

今年は大幅リニューアルがあった模様です。インターエデュの中高一貫校板にも、基礎英語1が難しくなったというスレが立っていました。つまり、「プレキソ」がほんとのほんとに初心者向けで、基礎英語1はその次というか。ちょっとは英語の単語や、発音・リズム、基本的なフレーズに慣れていることを想定している。

かといって、中一が「プレキソ」、中二が「基礎英語1」という意味ではなくて、あくまで中一が「基礎英語1」ということのようですが…小学校で英語をやるからいいのか?? っていうか、学校だけではほとんど何もやってない(身についてない)ように見えるんだけど…

それで、あらためて、テキストの最初を見てみたら、書いてありました、変更の趣旨。

「2012年春、NHK英語が大きく変わります!」…曰く、CEFR(セファール、ヨーロッパ言語共通参照枠)を軸にして講座を組んでいるそうな。それでいうA1レベルを「基礎英語1」にしているんだけど、
「ただ、日本語はヨーロッパの言語に比べて英語との隔たりが大きい言語なので、特に小学生にはA1でもレベルが高すぎます。そこで、A1よりもさらに初歩の「A0」というレベルを設定しました。」とある。

グローバルなスタンダードより、日本の中学一年生の実態に合わせてもらえるほうがいいような気がするけどなぁ~。小学生のうちに「プレキソ」をやっておけるならいいけど、今それどころじゃないし…

まぁ、今考えてもしょうがないんだけどね。受験が終わったらソッコー(二月三月)でプレキソ部分を補って、基礎英語1につなげる?? 基礎英語自体は、いい番組だと思うんですよね。中身も充実してるし、コスパ最高だし。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-04-14 18:15 | 中学受験

<< 均質な集団の中で際立つ多様性 社会の風呂場音読勉強法(地球に... >>