人気ブログランキング |

ユリウスの活用方法、わかってきた   

ユリウスにお願いするようになって、二ヶ月が経ちました。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←早く通常ペースをまた軌道に乗せたいところです

といっても、週にひとコマですからほんとにちょびっとのことなんですけど、だから成績がどうこうとか、そういうことではなくて…ちょっと、気が楽になったかな…

体感的にいうと、勉強時間が延びたとかはないんですが、バトル回数を減らせたというか。

それって、いいですよね(^^) 頼んだだけのことはあったと思います。

でも、いくつか「え??」と思うときはあったので、こちらも、頼み方をうまくやろう…やってほしいことが、やってもらえるように、わかりやすくしよう、と思ったり。うまく、活用していかないとね。

テスト直しをお願いしたときは、先日書いたように、どうもあまり気に入らなかったので、なるべくテスト直しは家でやるようにしています。いちおう、テスト直しするときはどうしてほしいか、リクエストはしたんですけどね。やっぱり、テスト直しは家で見ておかないと、はなひめがどういう状態なのか私がわからなくなっちゃうし、そんなに外注したい部分ではないというのがあります。

だから、現在の「週ひとコマ」の中身は、算数の授業の中で怪しい部分の振り返り・補強をして、それから「栄冠への道」を解けるところまで解く、というのが原則になっています。テスト直しが日曜日にどうしてもできなかったときだけ、持って行って明示的にお願いするという寸法です。

そのように、何をお願いするかについては、私と室長先生の話し合いでおおむね了解されていますし、臨時のことがあれば電話で補足したりしているのですが、それが指導の先生にうまく伝わっていないことがあります。私から室長先生へのところにディスコミュニケーションがあるのか、室長先生から指導の先生に行くところに問題があるのか、指導の先生がそのとおりにやらないのか、これはもう確認のしようがありませんが、ともかく経験的にはあてにならないようです。

家で、テスト直しや強化ツールはやっておいて(だからユリウスには持たせないで)、栄冠への道を主にやってもらおうと思っていたときに、まったく栄冠への道が手付かずで帰ってきたことがありました。やったことは、テスト直し、授業の振り返り、強化ツール。テストも強化ツールも持たせてませんが、ユリウスにはブツと情報がありますからね。

それにしても、なぜ。はなひめに、「強化ツールはお母さんといっしょに解いたじゃない。これはもう解いたよっていわなかったの?」と聞くと「なんか見たことあるような問題だなぁと思った(^^)」。そりゃ、スムーズに解けてよかったよねぇ。ま、確かに、強化ツールは二度解かせたいと思ってたところでもあるし、無駄にはならないけど、栄冠への道はいつやるんだ。

ということで、私の留守中にはなひめに自習をさせるときと同じ要領で、やってほしいこととその優先順位を紙に書いて持たせるとスムーズ、確実。それならそれでもいいや…

ユリウスの教室の雰囲気自体は、穏やかでまじめで、自習室も機能していますし、またろうの行ってる個別塾よりいいと思います。それに、毎回、どこをやってどうだったかをちゃんと書いて渡してくれるので、確認もしやすいです。

内容的にも、算数はかなりきちんとしていると思います (春休みに社会をお願いしたときは、??ということともあった)。こちらが難問をお願いしていないこともありますが、これまでのところおかしなところはなく、はなひめも説明をきちんとわかっているようです。

こじろうの日特仲間で、親がすごく忙しくて、家庭学習を丸ごとユリウスに依頼していたおうちがありました。その場合は、親が内容を指示するのではなくて、ユリウスがすべての学習計画から丸抱えでやってくれていたようで、特に国語がすごく伸びたといっていました(それに、無事に第一志望に合格したわけです)。だからそんな使い方もあるんでしょうけど、うちみたいな場合は、「明示的な依頼」。これに尽きますね。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-04-11 12:14 | 中学受験

<< 「総合コース」分の予習時間を確... 金閣寺~二条城 >>