人気ブログランキング |

合格オン・ザ・ロード行ってきました   

ななっちさん、ハナミズキさん、きーちゃんさんといっしょに、合格オン・ザ・ロードに行ってきました。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←昨日はほんっとに楽しかった♪って、何しにいったんだ

それにしても、サピに日能研にと、連続でイベントにでかける私は、相当な物好きですね…
(いずれも、むしろそのあとのランチがお目当てであったとかなんとか)

今年の入試概況については、どちらで聞いても大きな違いはありません。中学受験をした人の数は微減に留まり、ただし震災の影響もあって「より近く」、長引く不況の影響もあって「より少なく」の傾向があります。そして大学付属より進学校という流れ。

オン・ザ・ロードでは、結果偏差値の速報もありました。資料には載ってないんで、不確かなメモですが、開成・麻布がダウン、駒東アップ、桜蔭アップ、JGとフェリス横ばい、雙葉ダウンだったかな。もっとも、結果偏差値の上下ってのは、その学校が難化・易化したのかということと、日能研生が(その学校対策が)でかした/でかさなかったのかということをごっちゃにして示しているものですから、どう受け取っていいかはわかりませんね。雙葉については、去年ぐっと集まってしまったのが敬遠されたとかあるみたいです。

それにしても、いわゆる「御三家」のくくりがちょっとバラけて、男子は武蔵の代わりに駒東が入り、女子は御三家プラスフェリスのような扱いになっていますね。

ただ、超難関校に特にフォーカスした話は、全体の中でもこれくらいでした。大まかにいって、開成・麻布・筑駒・桜蔭・JGに向かうサピ、広く私学に向かう日能研という雰囲気で、後者はおよそ「自分のトップ校に行こう」的な感じでしょうか。おっと、これは他社コピーか。

名物のビデオは、合格発表直後のインタビューが一本、それから、合格発表までのドキュメンタリー風のが一本という構成ですが、いずれもとにかく「開成」などの学校名が前面には出てきません。少なくともテロップとかでは出ておらず、まぁ背景に映っているものや話の内容などでわかることが多いので別に隠そうとしているという意味ではありませんが、さぁ開成合格者のコメントですよ、とは示していないということです。

とにかく、合格オン・ザ・ロードの目玉はなんといってもこのビデオ、そしてもらえる資料ですかね。ビデオをみてつくづく感じることは、子どもたちがほんとにいい顔してるってことです。それと、映っている、超難関校に合格した子たちが、ほんとうに「ぐっとくる」コメントを多々していて、これまで積み重ねてきたことの重みと価値が、しみじみと伝わってくるのです。

およそ、考えるということは、その土台となる知識や、考えるということの練習やら、そういったものに支えられてはじめて現実に即して発展させることができるわけで、公立の小学校教育の中で、そういう土台がぐらついたところに、考える力、表現する力、あるいは生きる力といってみたときに、なんとなくうまくいかない?? ということになってしまうのは無理からぬところです。

こじろうとまたろうの受験(つまり中学受験と高校受験)を比べたときにも強く感じたのですが、「この時期に」しっかりした学びや考えの土台を作ることには、非常に価値があります。ここをスルーしてしまって中学生になったあとのフォローは、多くの場合(本人に資質によるわけですが)不可能です。

夜遅くまでの塾通いが健全なことといえるかどうかはさておき、この子たちが受験で得たものの大きさに思いをいたすとき、やっぱり感動でハンカチを濡らしてしまうわけです。

日能研のオン・ザ・ロードは要するに、中学受験の価値、私学の価値を伝えようとしていて、一方、サピは難関校合格のための情報を伝えようとしていて、ぶっちゃけ、だからサピにいらっしゃいと(^^;; ま、そんなカラーの違いがあるようです。

入試問題紹介のコーナーに関してはサピのほうが充実してましたし、オン・ザ・ロードでは下手に座談会形式にしていたので話がボケるというか。問題の傾向についてはサピのほうがわかりやすいし、盛りだくさんだけど、メッセージ性は日能研のほうが強い(あるいは、強めようとしている)。いいたいことは、問題は学校からのメッセージであり、答案は熱烈ラブ・レターであるということかな。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-03-09 07:47 | 中学受験

<< 合格率からみる合格力!? サピの「白書」データ >>