人気ブログランキング |

「実力」発揮のためには何が必要なのか   

昨日の話の続きです。親が見るところの「実力」と、テストで測る結果が乖離している場合、何をどうすればいいのか…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←テスト中にも関わらずぼーっとしちゃうのってなぜでしょうね

またろうの場合、表面上、最も大きな問題は「うっかりミス」の多さでした。人間ですから「うっかりミス」は多かれ少なかれ誰でもあることだと思いますが、その「多かれ少なかれ」ってところが曲者です。ものには限度というものがありますので、うっかりミスがある線より多すぎるってことは、「いやーうちの子もよくうっかりミスするわよ」といっている、その実「ふつう程度の」うっかり体質のお子さんを持つ親とは、見えてる世界もぜんぜん違うってことになります。

量的な問題は質的な問題に転換します。

たかが「うっかりミス」、されど「うっかりミス」。ふつう程度のうっかりさん(たとえば私のような)は、こういう重篤なうっかり君の扱いについて、自分の基準でつい考えてしまって見誤ることになりますが(「もうちょっとまじめにやればいいことなのに…」とか)、うっかり度合いというのは、その人間の本態に深くかかわっていますので、そんなに軽く考えるのは誤りです。

「うっかり」についてはまた別の機会に考えるとして、その「うっかり」の問題があまりに大きく視界を覆っていたもので意識に上っていませんでしたが、集中力のムラという問題があります。

またろうの成績が、ジェットコースター的であったことは、(うっかりはいつもなので)集中力のムラのほうが本質的な問題だったと思われます。これが顕著に起こった日はテスト半分白紙という事態に陥るので結果は重大ですが、私はあまりこの問題に立ち入ったことがありませんでした。どうやっていいかわからなかったというか、やることが多すぎてそこまで手が回らなかったというか。

つまり、またろうは、学習の穴自体も多すぎましたので、それを火消しするだけでも受験勉強期間いっぱい余裕がありませんでした。それに、私とまたろうは人種が違いすぎるので、私が考えても有効な方策が思いつきませんでした。

結果的には、またろうの場合、本番だとふだんより緊張するためか、集中力の問題はそんなに大きくならなかったようです。わかっている範囲では、どの学校もどの科目も、それなりに本人の「実力」を発揮できたようで…五校全部合格しました。危ない学校も混ざってましたし、特待もちゃんと取ってきましたから、これは通常の模試が五回あったのに比較すると、予想よりずいぶんコンスタントに結果を出せたということになります。

ま、でも、出来は当日のお楽しみというのでは、怖すぎますね…

時は流れて、今度ははなひめの中学受験。はなひめは、こじろうよりまたろうに近い人種です。もっとも、うっかりミスに関しては非常~に軽いです(あくまで、またろうとの比較)。基礎学力に関しては、早いうちからテコ入れしてますから、またろう受験のときと違って、いえ、こじろう受験に比べても、穴は少ないです。

それなのになぜ?? と思う部分はやっぱり、「集中力」が鍵だということは、日を追うにしたがって浮き彫りになってきています。

ここを「どうにか」することって、できるのでしょうか?? なにしろ、一番大きいのは本人の生まれながらの性質ですし、これまでわかっていることは、「本人の成長により改善される」ということだけです。しかし、ただ待っていると、間違いなく、受験は終わってしまいますから、この一年でできる具体的な「何か」を探していかなくてはいけません。(つづく)

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-03-05 13:26 | 中学受験

<< 算数を強化するツール!? テストで「実力」が発揮できない!? >>