人気ブログランキング |

平均の意味がわからない大学生!?   

標題のようなニュースをご覧になった方も多いのでは?

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←なかなか興味深い(怖い?)調査です

私は、最初このニュースをMixiニュース(中身は読売オンラインの記事)で見たので、なんか話がうまくまとまってなくて、それってどういう問題だったの?? 平均がわかってないってどういう意味で?? という感じだったのですが、NHK NEWS WEBでだいぶ詳しいのがありました。

「数学 基本理解しない大学生も」

それから、件の問題もちゃんと見つかりました。

大学生数学基本調査で使用された問題用紙

古くなるといずれもリンク切れになっちゃうと思うから、関心のある方はお早めに保存してね。

平均に関する問題はこういうのでした:
-----
ある中学校の三年生の生徒100 人の身長を測り、その平均を計算すると163.5 cm になりました。この結果から確実に正しいと言えることには○を、そうでないものには×を、左側の空欄に記入してください。
(1) 身長が163.5 cm よりも高い生徒と低い生徒は、それぞれ50 人ずついる。
(2) 100 人の生徒全員の身長をたすと、163.5 cm × 100 = 16350 cm になる。
(3) 身長を10 cm ごとに「130 cm 以上で140 cm 未満の生徒」「140 cm 以上で150 cm 未満の生徒」・・・というように区分けすると、「160 cm 以上で170 cm 未満の生徒」が最も多い。
-----

言うまでもなく、これでマルになるのは(2)だけですけど。
そのように正解できたのは76%だったということですね。どう間違えたのかは書いてませんでした。

(1)、(3)の選択肢って要するに、「正規分布である」という前提があればそれらしいものを並べてみたんですよね。(3)なんて、ほんとにクラスの身長測って平均が163.5cmだったってときにはいかにも「160 cm 以上で170 cm 未満の生徒」が最も多かっただろうなって思いますし。

日常の感覚としてはそういう推測をするのって悪くないです。(1)も、ほかに手がかりがなければそうイメージしていたって、日常生活的にはまぁ妥当かなと。

でも、もう少しきっちりしたことが気になったことのある人なら、さすがに数学としてまじめに勉強してなくても、このへんを誤解してることはないですよね。たとえば、テストの偏差値表とかをじっくり見てしまったら、「平均点は取れたけど、順位は半分より下になっちゃった~」ってな経験があったりとか(満点続出の簡単なテストではそんなことがありますね)、あと、何かのアンケート結果とかの意味するところをじっくり考えてしまったりとかしたら…

結局、この「じっくり」というところが鍵なのかな、と思うんです。まぁ大学生の年になるまでには誰だっていろんな経験を積むものだし、見聞きしたことがなんでも「ナントナク」で流れてしまうのか、きちっと詰めるのかっていう違い。習慣の問題というか。

中学受験の体験というのは、本人が根っからまじめかどうかに関わらず、塾カリキュラムと、親の世話焼きに乗せられて、それなりに「きちっと」幅広く勉強してしまう、という性質があります。私が、どこに進学できるかという結果にかかわらず、中学受験勉強はしておいたほうがいいかなと思う理由のひとつはこれです。

こののち、大学受験で数学を取るかとらないか、そういったところで、難しい数学の問題が解けるようになるかどうかというのは違いが出るでしょうけど、ある程度、見聞きしたり、体験したりしたことを、最低限の知識の支えをもって、ちゃんと自分の頭で考えて吸収する態度というのがあれば…

少なくとも、この24%の大学生のグループには入らないで済むでしょう。

もちろん、中学受験なんかしなくたって、ちょっと気の利いた子なら、自らきちっと考える習慣を身に着けて、パープリンじゃない大学生になれるでしょうけど、そうなるかどうかはまったく本人次第。およそ中学生から先は親がコントロール、というのはもちろん言いすぎですが誘導、テコ入れできないと思ったほうがいいですからね。

えっと、それでこの話、「平均」の話よりむしろ「偶数と奇数を足す」問題についての結果が興味深かったです、私は。でも、長くなったので続きはまたこんど。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-02-27 23:10 | 中学受験

<< ダブルスクールからの脱却 睡眠と学習 >>