人気ブログランキング |

脱ゆとり時代の塾通い   

週五日は塾、とりわけ土曜日は2~7時、日曜日は弁当持って午前・午後、というような塾通いって、「ゆとり」あってのものだとつくづく思う。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←時間が長けりゃいいってもんじゃない。なんでもね

ゆとりというのは、またろう世代くらいから始まって、こじろう世代を経由して今に至る、いわゆる「ゆとりちゃん」時代の学校生活ということ。具体的には、土曜日が休みであるなどで、トータル拘束時間数が少ないこと。

小学校でやらなければいけないことの分量はじわじわと増やされ、各自治体、各学校では、それを消化するために、たとえば平日の時間数を増やし、たとえば土曜日を授業に使い、あるいは長期休みを使って時間を確保する。

小学校のあり方が変わってくれば、ダブルスクールのもう片方を担う「塾」のあり方として、どこいらへんが適切かということだって、当然変わってくるはず。

今は過渡期であるから、小学校の時間数は増え、一方で塾カリキュラムの見直しは行われていない。当然、全体的にじわーっと無理があるわけだが、しかも、数個所の小学校の生徒が集まる塾では、どの学校とも重ならない授業の組み方にも四苦八苦することになる。ある学校では土曜日を使い、ある学校では長期休みを削るとなったら、移動のしようがないものね。

塾のほうからはこの状況に対するソリューションが特に提案されていないのが現状であるから、それぞれの家庭で、小学校と塾と家庭の事情と子どもの状態を考え合わせて、自衛するしかない。

ユリウスに行くというのはそのひとつ…一見、ゆとりを増やすという趣旨からは逆方向のようだけれど、短時間で集中して課題を終わらせるというのが、ゆとりを増やす大きな鍵になるので、現状からいえば我が家にとってはそこが一番のポイントだろうと思ったのだ。

さらに、無理と感じるときは日特を削ろうとか、さらにどうしてもダメとなれば算数の水曜日も休ませてしまおうなどと考えているわけだが、欲を言えば、そうやってバランスの悪いカスタマイズをするより、ほんとだったら塾そのものがもう少し短時間化してくれたらいいなとは思っている。

おそらく今でも塾の先生は、あれも話したいこれもやらせたいと悩みつつ、なんとかかんとか時間におさめている状態だろうから、今より時間が減るとしたらブーイングの嵐なのかもしれないけれど、たとえばひとコマ80分を70分にするとか。あるいは、週に5コマ算数をやっているけどそれを4コマにするとか。ちょっとずつ削ってくれたら、ある部分のみをばっさり個人的に削るよりは助かるなと。

それで、仮定の話だけど、たとえばこじろうのときと比べて、小学校の時間が延びたのとちょうど同じだけ、塾の時間を減らしたとするでしょ。そうすると、

「学校時間短い+塾時間長い」のこじろうの時代と、
「学校時間長い+塾時間短い」のこれからの時代と、
どっちのほうがより学力が伸ばしやすいのだろうか。

もちろん、小学校カリキュラムをどうしていくべきかという議論は、日能研に通う子どもをスタンダードとして考えるものではまったくないから、上記の比較と、学校教育がどうなるべきかという話は直結しない。あくまで、中学受験のために大手塾に通ってる子の都合としての話。

直感的には、「学校時間短い+塾時間長い」のほうが効率よさそうに思うけれど、そこまで単純な話ではない。小学校で行われる教育は、時間の長短だけではなくて、中身や考え方も含めて少しずつ変わっている。指導要領的にも少しずつ見直し・追加が行われているのだろうけど、私の実感としても、こじろうのときと今を比べると、ほんのちょっと、学校教育は充実してきているような気がするのだ。

つまり、学校で習ったことがちゃんと基礎として役立っていて、塾で習う内容を支えてくれている、と感じる場面が増えた。ただし、こういうことは先生個人の技量で左右されることが多いから、一般的にこうとはいえないけれど…

学校が、より多くの時間を使って、より充実した教育をしてくれるなら、それに合わせて、塾のほうはその先を担えばよいはず。今までの「ゆとりちゃん」用カリキュラムから少し変更して、微妙にライトなカリキュラムを組んでもいいということにならないか??

それくらいのことがなければ、追加で学校に吸い込まれた時間が浮かばれない…

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-02-20 13:10 | 中学受験

<< ユリウスのある生活 遅寝+早起き、できません。 >>