六年前半、家でやるべきこと   

教材配布の保護者会のときは、教科内容や勉強方法についての説明もありました。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←週末のカリテが終わるといよいよ六年生

文系科目(国・社)についての説明を担当した先生は、社会そっちのけで国語について「のみ」アツク語り、
「…という具合に、読解については、授業内で徹底的にフォローします。それでも、語句についての知識が十分でなければ、入試はそこで失敗するんです。当然書けるべき漢字が書けないで点を落とすと、それで合否が左右されるんです」…つまり、家庭では、漢字・語句について「きっちり」押さえてくれと。

六年前半の本科テキストでは、各回に語句問題が取り上げられているけれど、その中身は充実というか盛りだくさん。週ごとのせわしないスケジュールの中で、それをきちんと消化できるかっていうと、かなりきついことが予想される。

「これを消化できるように、五年のうちにある程度『語句のたしなみ』ですとか、そういったもので押さえられるところを押さえておこうという工夫はあったのですが、それでもやっぱりたいへんだと思います。週の中でできるだけこなしてほしいですが、それでもダメな場合は親子関係を悪くしてまでそれにこだわるのではなくて、春休み・GWといった隙になんとかキャッチアップしてください」

そうよねー、ゼッタイとかいって親ばっかり力んだら、家庭の平和がなくなるだけよね。

また、理系科目(算・理)についての説明を担当した先生は、理科の話はちょびっとにして算数についてアツク語り、
「六年前半はとにかく算数に力を入れてください。理科はまだいいです。残り半年になってからでも間に合います。理科担当の私が言うのですから間違いありません!!」(^^;;

それでまぁ、だんだん難しい算数の問題も解けるようにしていかないといけないんだけれども、ここから本科では総復習に入り(ほんの少しだけ新しい単元あり)いろいろな別解を整理していくし、前期日特では複合的な問題にも取り組んでいく。それで、家では。

「計算が速く正確にできるようにしてください。これがないと話になりません。そのためには日々の練習です」

この、科目別の話に入る前に、室長先生からは「塾にいる時間が増えますので、家でなんでもかんでもやるということはできません。家庭学習は効率よく」という話もありましたっけ。


要するに先生方の話を総合すると、家では、
「計算、漢字、語句はしっかり日々よろしく」
ということですね。

まぁ考えてみれば、こじろうのときも、家でやってたのはひたすら「計算、漢字、語句」。そういうことなのよね。中学受験をするということは。あとは、子どもが授業を「しっかり」こなしてればなんとかなるわけ(←ココが問題、という話もあるが)。六年の生活が軌道に乗ってくると、あれ、親は五年のときよりラク(^^;; というのがあったと記憶しております。実際には、どうなるでしょう??

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2012-01-27 12:55 | 中学受験

<< この一週間の、算数「総」復習 コメント欄についてお知らせ >>