人気ブログランキング |

ユリウスってありでしょうか   

塾では、系列の個別塾であるユリウスの案内をもらってくることがよくあるんだけど…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←なにかと物入りですねぇ

これまでは、完全スルー。見ないで捨ててた。

だってねぇ、ふだんの塾に通ってるだけでも、教材といい、塾滞在時間といい、too muchな感じで、消化不良だってのに、これに何か足すなんて。

でも、たまたま今回もらった「無料体験」のチラシの、選択可能なコマの表が目に入ったら、そうかなるほど…塾のない平日の、1コマ目を取ると、ちょうど私が帰ってくるまでの時間が埋まるのね、と。気がついてしまった。

実績からいって、その、魔の時間帯というのは、ほとんど勉強に活用できていなくって、お兄ちゃんがいれば、いっしょにテレビみちゃうとか…ゲームみちゃうとか…。いなければいないで、お友だちと遊ぶか、まったりしちゃう(何か読んでお菓子つまんで)。

私の意向としては、お母さんが帰るまでに、計算と一行題、毎日ノート、栄冠への道の自分でわかる問題は済ませておいてねっ、とかいいたいわけなんだけれども、電話だけでそのようにドライブする術はいまだに完成していない(うまくいくと大ラッキー)。

その、ラッキーの確率はというと、明らかに半分より少ない。仮に、新六年生になってからの、塾のない二つの平日のうち、片方を明確に「勉強用」と区切ってユリウスのお世話になり、もう片方は「好きにしていい」と区切ってお友だちと遊びのアポでも入れたら…

勉強時間も確保できて課題が進むし、争いごとも減って、家庭平和に役立つのではないだろうか。

つまり、追加の課題というイメージではなくて、単に、もともとやらなきゃいけないこと(それで、現在はなかなか毎週回っていかないこと)を持っていって消化するイメージね。

追加予算がかかるのが難点ですが。しかし、勉強の邪魔になるお兄ちゃんたちを家から追放するすべもなく、私が毎回家にいるようにできるって話も今のところないわけだから、このイメージでうまくいくなら、その支出は許せるような気がする。

ほんとは、またろうの行ってる個別塾に、はなひめの速読をお願いするとき、そこの自習室がそのように使えたらという淡い期待もあったのだが、そこの自習室がまったく機能してないことはわかったのであきらめた。速読もやめちゃうしね。

今回の無料体験は、2月頭の塾がお休みになる期間に算数のフォローをしましょうって企画のようだが、ま、それはそれでいいから、とりあえずユリウスがどんな様子か見てきて、それから考える。

多くは望まない。ユリウスの個別指導で、はなひめの算数で夢のように理解が進んで、とかそんなことを期待しているのではなくて、単に、その時間に集中して、「理論上は」自分ひとりでもできそうな勉強が、「実際に」スムーズに進めばそれでよい。もし疑問点が出てきたらその場で解決できれば尚よし。

はなひめに打診してみたら、お母さんのいない時間帯ならちょうどいいね、といっていた。自分でも、その時間にやることが進まないのは気にはなってるらしい(だからといって自分で解決できるわけじゃないのだが)。というわけで、申し込み…

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2012-01-17 08:13 | 中学受験

<< 中受のための先取り方法勝手にまとめ 今年の合格オン・ザ・ロードは行... >>