人気ブログランキング |

東大生ノートvs京大生ノート   

三年ほど前、「東大合格生のノートはかならず美しい」を読んだときにはあまり感心しなかった。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←あなたは、美しいノート派?

内容的には、東大生ノートをひたすら集め、その美しさを分析し、そのような美と機能性を備えたノートの作り方のヒントともなるもので、そんなにおかしなことはないのだけど、なにしろタイトルがねぇ。

「東大合格生のノートはかならず美しい」

「かならず」をつけた時点で、反例をひとつ持ってきただけで、ダウトできるじゃないですか。そりゃ、保存されてるノートを借り集めてきたら、たいがい美しかったのかもしれないけど、単に「きちゃない」ノートをとってる人はすぐ捨ててるだけのことだ。

東大合格生のノートはかならず美しい??
じゃ、他大学の人のノートはどうだというの??
などと、ツッコミがいありすぎ。
…さらにはオビに「ノートづくりで東大合格!!」などとあったりして、そりゃあおりすぎ(^^;;

そんなわけで、扇情的なタイトルで売りまくった一作目のあと、その二匹目のどじょうを狙った「東大合格生のノートはどうして美しいのか?」を書店で見ても完全スルーしてきた。ところが、先日、ちょっと出先で時間をつぶす必要があったときに、本屋で平積みになってたこの本をふと手にとったら
…一作目より、がぜんおもしろい(o_o)

この二作目は、一冊目を読んだ人が思ういろんな疑問に答える形でまとめられており、
・東大ノートだけが美しいのか?
・東大ノートを"しごと"に活かせるか?
といった章も作られている。「太田あやのノートは美しくなったか?」という項目もあって、ちゃんとbefore/afterが載ってるんですよ。これはなかなか感動です。

この著者は、一作目を書いたあともひたすらノートを集め続け、分析し、ちゃんと内容は深まって、もっとおもしろくて役に立つ本を書いたのだ。「二匹目」にはわりとめずらしいことでは。

ところで、京大ノートと東大ノートなんて、そんなに違わなくてもよさそうなところ、この本によればぜんぜん違う傾向だそうで…

そもそも、京大生に受験時代のノートを見せてほしいと頼むと、「残していない」ということが多くて(笑)
「その場で書いて覚えたら捨てていた」
「教科書や参考書に書き込んでいたのでそれがノート代わりだった」
という二つの答えが圧倒的に多かったとのこと。

例として、「きれいなノート」の写真も載っているのだが、なんでも「(高校)一年のノートしか残ってなくて、しかも、全部一学期の途中で終わってるんよ」(^^;;

プリントの扱いも、そのままノートに貼るか、そのままバインダーに綴じるのが京大流、
拡大縮小ピーしたりまとめなおしたりして自分のフォーマットに合わせるのが東大流、

とにかく東大ノートは、「テンション一定」(京大生が東大ノートを見たコメント)
そして京大ノートは、「テンションの乱れがすごい」(東大生が京大ノートを見たコメント)

…私やよしぞうは関西人気質だったのか(違)

いや、けどやっぱり、昔、自分の周りの人を見渡しても、そんなに、ここでいう「東大ノート」を書くような人は多くなかったと思うんだよね。二十年経ったら(注: 少々のサバはお許しください)そこまで変わったのか?? そうだとしたらスゴイというか、東大の現在の入試と現代の受験生の気質(あるいは置かれた状況?)の必然からそんなふうに、「東大ノート」を書く人しか受からなくなったんだとしたら怖い

ところで、「著者は七大学ノートから「東大ノート」を見分けられるのか?」という項目があって、編集部が集めてきた「筑波大/明治大/慶応大/早稲田大/農工大/東京音大/東大」のノートを著者に見せて当てさせるという企画になってた。

各ノートを五分ずつじっくり見て、「これは絶対ない!」ものから除外していって、残った候補は「東大」と「早稲田大」。その二つから結局「コレ!!」と選んだものは早稲田の方でした。ちょっと惜しかった!? 「でもこれは勉強を楽しんでるすごくいいノートだよ!」と太田さん。

まぁ、他大学でも「東大生ノート」風にとってる人は当然いるだろうし、(現在の)東大生にも、「東大ノート」をとれない、とらない人はいる「はず」(知らないけど)。そんなことはともかく、読み物としてもノウハウ本としてもずっと深化した二作目。買うならこちらです。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2011-12-20 07:54 | 中学受験

<< 保育園育ちと幼稚園育ちの違う点 みそひともじに愛をこめて >>