冬休み、カリテ算数全解き直しは幻か   

冬休み、もしも冬期講習に行かないのであれば、何をしたいかはだいたい決まっている。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←冬の総復習、という夢? というか憧れ(笑)

算数と社会、カリテ全解き直し。

内容的に「穴」の部分を埋めることだけでなく、時間どおりに解き終わる勘をつかむという、緊急課題に対応する狙いがある。

ま、しかし、実際には監督(私のこと)不在でそんな絵に描いた餅のことを言ってもしかたがないので、やっぱりなんだかんだいって、冬期講習には行く。

講習に行くとなると、夜の時間が短くなって(時間割を見たら、家に帰って夕食だけどその夕食が遅くなる、というくらい)、家で勉強する時間は、午前中と、夜がほんの少し。だからそんなにたくさんのことはできないけど、社会は諦めるとして、算数はやっぱり解き直しできないだろうか、と思った。

ところがまたもうひとつ問題があり、冬期講習9日間(+テスト)のうち、3日間は休む予定なのだ(スキー教室)。おい五年冬にもなって講習休んでスキーはないだろうとも思うが、これを削ると本人がぐだぐだになってしまうのでしかたがない。

そうすると、休んだ分の講習の穴埋めという問題も発生して、こりゃ3日間分の講習なんて半端な量じゃないので、えっちらおっちら家でその問題を解くとなると、「カリテ算数全解き直し」に匹敵する分の時間がかかりそうだ。

カリテ算数五年生分=50分×18=900分 …いや直しとかするともっとかかるけど
講習三日間分=4時間40分×3=840分 …家でやるともっとまったりかかるけど

それで、カリテの解き直しと、講習三日分と、どっちが優先順位が高いかって話だけど、まぁこりゃ微妙な話だ。

カリテでも、講習でも、全体を復習しようという「精神」は同じ。つまりかぶっている。かぶっているけれども、カリテのほうのアドバンテージはといえば

・標準時間が決まっている
・自分が過去に何点取ったという実績がわかっている

ということだ。しかし、講習に参加して、かつ三日間分はブッチするというのも、全復習(に近いもの)を趣旨とする講習の中で、ずいぶんバランス悪いしなぁ…

…と、なんだか迷い中。でも、「どっちか」なんていってるけど、そもそもこれって、午前中、はなひめがひとりできちんと勉強するっていう前提でものをいってますね(^^;;

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2011-12-13 07:28 | 中学受験

<< 保育園育ちと幼稚園育ち 何時間勉強してる? >>